マー君は習得に2年…投手が挑む「スプリット」の難度と利点

公開日:  更新日:

 メジャーデビュー戦を白星で飾ったヤンキースの田中将大(25)の最大の武器は、スプリット(・フィンガード・ファストボール=SFF)だ。

 このボールはストレートと同じ腕の振り、軌道からストンと落ちる。フォークボールに比べて落差は小さいが球速が落ちない。しかもボールを離す瞬間、人さし指と中指の力のかけ具合によりスライダーやシュート回転する。打者にとってはやっかいなボールだ。

 近年、この変化球を投げる投手が増えている。オリックス金子や阪神能見、巨人に移籍した大竹。昨季新人王のヤクルト小川、楽天則本に、阪神藤浪、日本ハム大谷。広島前田もオープン戦で何度もSFFを痛打されながら習得に意欲を燃やしている。

 一昔前は野茂や佐々木が武器にしたフォークボールを投げる投手が球界を席巻したが、今やSFFが主流になりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る