日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君は習得に2年…投手が挑む「スプリット」の難度と利点

 メジャーデビュー戦を白星で飾ったヤンキースの田中将大(25)の最大の武器は、スプリット(・フィンガード・ファストボール=SFF)だ。

 このボールはストレートと同じ腕の振り、軌道からストンと落ちる。フォークボールに比べて落差は小さいが球速が落ちない。しかもボールを離す瞬間、人さし指と中指の力のかけ具合によりスライダーやシュート回転する。打者にとってはやっかいなボールだ。

 近年、この変化球を投げる投手が増えている。オリックス金子や阪神能見、巨人に移籍した大竹。昨季新人王のヤクルト小川、楽天則本に、阪神藤浪、日本ハム大谷。広島前田もオープン戦で何度もSFFを痛打されながら習得に意欲を燃やしている。

 一昔前は野茂や佐々木が武器にしたフォークボールを投げる投手が球界を席巻したが、今やSFFが主流になりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事