• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

敵地の雨に祟られ…マー君メジャー初黒星、不敗神話も止まる

 ここまで順調に白星を伸ばしてきたルーキー右腕についに土がついた。ヤンキース・田中将大(25)が20日(日本時間21日)のカブス戦に登板。6回を8安打4失点、1四球、7三振でメジャー初黒星(6勝)を喫した。楽天時代の昨季、24連勝をマークした田中に黒星がつくのは12年8月19日の西武戦以来のことだ。

■リズムも制球も乱し、6回8安打ワースト4失点

 この日の田中はシカゴ特有の気象条件にも足を引っ張られた。
 一、二回を無難に抑えて上がった三回だった。突然、降り始めた雨に投球リズムを狂わされたのだろう。変化球の制球も乱し、捕逸もあって1死三塁のピンチを背負う。1番ボニファシオには苦し紛れに投じたスプリットを中前にはじき返されて先制を許した。雨に濡れたマウンドは田中の投球フォームも乱し、見かねた投手コーチが球審に整備を要求したほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る