敵地の雨に祟られ…マー君メジャー初黒星、不敗神話も止まる

公開日:  更新日:

 ここまで順調に白星を伸ばしてきたルーキー右腕についに土がついた。ヤンキース・田中将大(25)が20日(日本時間21日)のカブス戦に登板。6回を8安打4失点、1四球、7三振でメジャー初黒星(6勝)を喫した。楽天時代の昨季、24連勝をマークした田中に黒星がつくのは12年8月19日の西武戦以来のことだ。

■リズムも制球も乱し、6回8安打ワースト4失点

 この日の田中はシカゴ特有の気象条件にも足を引っ張られた。
 一、二回を無難に抑えて上がった三回だった。突然、降り始めた雨に投球リズムを狂わされたのだろう。変化球の制球も乱し、捕逸もあって1死三塁のピンチを背負う。1番ボニファシオには苦し紛れに投じたスプリットを中前にはじき返されて先制を許した。雨に濡れたマウンドは田中の投球フォームも乱し、見かねた投手コーチが球審に整備を要求したほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る