敵地の雨に祟られ…マー君メジャー初黒星、不敗神話も止まる

公開日:  更新日:

 ここまで順調に白星を伸ばしてきたルーキー右腕についに土がついた。ヤンキース・田中将大(25)が20日(日本時間21日)のカブス戦に登板。6回を8安打4失点、1四球、7三振でメジャー初黒星(6勝)を喫した。楽天時代の昨季、24連勝をマークした田中に黒星がつくのは12年8月19日の西武戦以来のことだ。

■リズムも制球も乱し、6回8安打ワースト4失点

 この日の田中はシカゴ特有の気象条件にも足を引っ張られた。
 一、二回を無難に抑えて上がった三回だった。突然、降り始めた雨に投球リズムを狂わされたのだろう。変化球の制球も乱し、捕逸もあって1死三塁のピンチを背負う。1番ボニファシオには苦し紛れに投じたスプリットを中前にはじき返されて先制を許した。雨に濡れたマウンドは田中の投球フォームも乱し、見かねた投手コーチが球審に整備を要求したほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る