今ごろ藤浪のフォーム改造を始めた阪神首脳陣のドタバタ

公開日: 更新日:

「休日なんてあるか。今まで通り、1週間を過ごすわけにはいかない」
 阪神の和田監督が、2年目右腕の藤浪に厳しい言葉を投げかけた。

 甲子園が騒然とした。22日、通常なら休日のはずの藤浪が首脳陣の意向で投手の指名練習に参加。キャッチボールなどをこなし、フォームの修正に取り組んだ。

「(20日のオリックス戦は)そんなに球数を投げていない。自分のフォームのバランスの問題」
 こう言い残して甲子園を後にした藤浪。つきっきりで指導した中西投手コーチは「足の運び、体重移動」と、修正点について口にした。

 20日のオリックス戦は、先発として自己最短となる2回6失点。わずか59球でKOされた。四球から痛打を浴びる悪循環。昨季、新人ながら10勝を挙げた「次代のエース」も5月は未勝利。復調に向けてなりふりかまわずといったところだが、開幕間もないこんな時期に、フォームでアレコレやっているのは、キャンプの調整が失敗したことの裏返しでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る