菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

両肩は両足甲の上にくる

公開日:  更新日:

「左足のつま先を目標方向に少し開いた分、右足は多少下げて(後ろに引いて)クローズ気味に構える」

 スタンスの向きについて、金井清一プロにこう教わったことがある。

 左のつま先を開いて構えるとオープン気味のスタンスになるので、右足を少し後ろに下げて構えると左サイドがしっかりするというのだ。ただし、左かかとの前に置いたボールを真正面から見ようとすると右肩が前に出て、上体が開いて構えていることがある。それを防ぐには両肩にクラブをあてがって目標線と平行になるようにしたい。

 右肩が前に出るとバックスイングで体のひねりが浅くなるので、ダウンスイングでは左肩が早く開いてしまう。そうするとクラブが外から下りてくるので、カットしてフェースが開いて当たればスライスし、右肩がかぶってくるとボールは左に引っかかることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る