日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

両肩は両足甲の上にくる

「左足のつま先を目標方向に少し開いた分、右足は多少下げて(後ろに引いて)クローズ気味に構える」

 スタンスの向きについて、金井清一プロにこう教わったことがある。

 左のつま先を開いて構えるとオープン気味のスタンスになるので、右足を少し後ろに下げて構えると左サイドがしっかりするというのだ。ただし、左かかとの前に置いたボールを真正面から見ようとすると右肩が前に出て、上体が開いて構えていることがある。それを防ぐには両肩にクラブをあてがって目標線と平行になるようにしたい。

 右肩が前に出るとバックスイングで体のひねりが浅くなるので、ダウンスイングでは左肩が早く開いてしまう。そうするとクラブが外から下りてくるので、カットしてフェースが開いて当たればスライスし、右肩がかぶってくるとボールは左に引っかかることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事