• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自らの起用法を棚に上げ…巨人・原監督が主力をメッタ斬り

阿部、沢村、長野…

 2-0で勝った巨人の原辰徳監督(55)はなぜかカリカリしていた。

 25日の日本ハム戦。今季初先発の小山が7回3分の1を2安打、7奪三振、無失点とほぼ完璧な投球でチームの連敗を2で止めた。試合後、「やればできると本人が大きな自信を持ってくれればいい。チームにとっても今日のような接戦をものにするのは、このところなかった。そういう点では彼の勝利。自分で通る道が彼の道。さらなる飛躍を期待したい」と目を細めた原監督が打撃陣に話が及ぶと、表情が一変。険しい表情でまず、やり玉に挙げたのは主将の阿部だった。

 貴重な先制打を含む、2安打と気を吐いたものの、打率.230。規定打席到達者32人中、最下位と低空飛行が続いている。「そろそろ目覚めないと。もう50試合近く(48試合)でかなり進んでいるわけだから。しっかりやってもらいたいよね」とバッサリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る