日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自らの起用法を棚に上げ…巨人・原監督が主力をメッタ斬り

阿部、沢村、長野…

 2-0で勝った巨人の原辰徳監督(55)はなぜかカリカリしていた。

 25日の日本ハム戦。今季初先発の小山が7回3分の1を2安打、7奪三振、無失点とほぼ完璧な投球でチームの連敗を2で止めた。試合後、「やればできると本人が大きな自信を持ってくれればいい。チームにとっても今日のような接戦をものにするのは、このところなかった。そういう点では彼の勝利。自分で通る道が彼の道。さらなる飛躍を期待したい」と目を細めた原監督が打撃陣に話が及ぶと、表情が一変。険しい表情でまず、やり玉に挙げたのは主将の阿部だった。

 貴重な先制打を含む、2安打と気を吐いたものの、打率.230。規定打席到達者32人中、最下位と低空飛行が続いている。「そろそろ目覚めないと。もう50試合近く(48試合)でかなり進んでいるわけだから。しっかりやってもらいたいよね」とバッサリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事