• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自らの起用法を棚に上げ…巨人・原監督が主力をメッタ斬り

阿部、沢村、長野…

 2-0で勝った巨人の原辰徳監督(55)はなぜかカリカリしていた。

 25日の日本ハム戦。今季初先発の小山が7回3分の1を2安打、7奪三振、無失点とほぼ完璧な投球でチームの連敗を2で止めた。試合後、「やればできると本人が大きな自信を持ってくれればいい。チームにとっても今日のような接戦をものにするのは、このところなかった。そういう点では彼の勝利。自分で通る道が彼の道。さらなる飛躍を期待したい」と目を細めた原監督が打撃陣に話が及ぶと、表情が一変。険しい表情でまず、やり玉に挙げたのは主将の阿部だった。

 貴重な先制打を含む、2安打と気を吐いたものの、打率.230。規定打席到達者32人中、最下位と低空飛行が続いている。「そろそろ目覚めないと。もう50試合近く(48試合)でかなり進んでいるわけだから。しっかりやってもらいたいよね」とバッサリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る