“絶対的エース”ダル メジャー3年目でも完封「0」のなぜ

公開日: 更新日:

 しかし、ダルは他の日本人投手とは違って絶対的なエースだ。

 本人も今季はエースの自覚から、球数を抑えて直球主体の投球スタイルに変えた。実際に球数は減っており、ここまで10試合で総数は1062。昨季の同時期(1086球)と比べて20球以上少ないが、まだまだ球数が多いということか。

 ワシントン監督が余力を残した状態で交代させるのは、エースにシーズンを通じて安定した働きを求めているからに他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  8. 8

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

もっと見る