好調の中日・浜田が「戻りたくない」と語った二軍の地獄特訓

公開日:  更新日:

 中日2年目左腕の浜田が3日のロッテ戦に先発。七回途中4失点で勝ち負けはつかず、デビューからの4連勝達成とはいかなかった。

 新人年の昨季は、二軍で2勝8敗、防御率6.39。リーグワーストの73四死球を与えるなど、ボロボロの1年。二軍首脳陣の間でも起用の是非について議論が巻き起こったが、当時の鈴木二軍監督は「試合は練習の10倍学べる」という方針で起用し続けた。

 今季、浜田いわく「コースを狙おうとせず、強く腕を振ることを意識する」ことで開眼。友利投手コーチも「物おじせず、打者に向かっていく姿勢がいい」と評価する。

「速球は140キロ前後で速くはないものの、下半身に粘りがあって、球持ちも良い。速球も変化球も同じ腕の振りができるので、打者は差し込まれる傾向がある」と、ライバル球団のスコアラーも舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る