好調の中日・浜田が「戻りたくない」と語った二軍の地獄特訓

公開日: 更新日:

 中日2年目左腕の浜田が3日のロッテ戦に先発。七回途中4失点で勝ち負けはつかず、デビューからの4連勝達成とはいかなかった。

 新人年の昨季は、二軍で2勝8敗、防御率6.39。リーグワーストの73四死球を与えるなど、ボロボロの1年。二軍首脳陣の間でも起用の是非について議論が巻き起こったが、当時の鈴木二軍監督は「試合は練習の10倍学べる」という方針で起用し続けた。

 今季、浜田いわく「コースを狙おうとせず、強く腕を振ることを意識する」ことで開眼。友利投手コーチも「物おじせず、打者に向かっていく姿勢がいい」と評価する。

「速球は140キロ前後で速くはないものの、下半身に粘りがあって、球持ちも良い。速球も変化球も同じ腕の振りができるので、打者は差し込まれる傾向がある」と、ライバル球団のスコアラーも舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  6. 6

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  7. 7

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る