• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ初勝利 中日・浜田は最後に開花した「ビッグ3」

「もう、めちゃくちゃうれしかったですね。本当に今日は助かりました。正直、何回持つかなと思っていたが…」

 そう言った谷繁監督にとっては、まさにうれしい誤算だった。予告先発の川上が試合前の練習中に腰の違和感を訴え、代役を告げられたのはプレーボールの1時間前。心配された初回を3人で打ち取ると、その後は130キロ台後半のストレートとスライダー、フォークで阪神打線を翻弄。プロ初先発で6安打11奪三振。まさかの完封劇でプロ初勝利を挙げた。

「今はまだ(プロ初勝利の)実感がなくて、わけがわからない感じ。ウエスタンでもずっと中継ぎをやっていたので、まさか先発のチャンスが回ってくるとは思わなかったからうれしかったです。やっとプロの第一歩を踏み出せた」(浜田)

 愛工大名電時代は、1年夏の甲子園でベンチ入りし、2年秋の明治神宮大会準優勝でプロの評価は急上昇。藤浪(大阪桐蔭―阪神)、大谷(花巻東―日本ハム)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る