プロ初勝利 中日・浜田は最後に開花した「ビッグ3」

公開日:  更新日:

「もう、めちゃくちゃうれしかったですね。本当に今日は助かりました。正直、何回持つかなと思っていたが…」

 そう言った谷繁監督にとっては、まさにうれしい誤算だった。予告先発の川上が試合前の練習中に腰の違和感を訴え、代役を告げられたのはプレーボールの1時間前。心配された初回を3人で打ち取ると、その後は130キロ台後半のストレートとスライダー、フォークで阪神打線を翻弄。プロ初先発で6安打11奪三振。まさかの完封劇でプロ初勝利を挙げた。

「今はまだ(プロ初勝利の)実感がなくて、わけがわからない感じ。ウエスタンでもずっと中継ぎをやっていたので、まさか先発のチャンスが回ってくるとは思わなかったからうれしかったです。やっとプロの第一歩を踏み出せた」(浜田)

 愛工大名電時代は、1年夏の甲子園でベンチ入りし、2年秋の明治神宮大会準優勝でプロの評価は急上昇。藤浪(大阪桐蔭―阪神)、大谷(花巻東―日本ハム)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る