貧打に苦しむ中日 起爆剤は谷繁監督の「代打、オレ」

公開日: 更新日:

「やっぱり中日は『選手・谷繁』次第だと思います」
 中日OBの評論家・藤波行雄氏がこう言う。

 1日の西武戦。谷繁兼任監督が4試合ぶりに出場した。26日のソフトバンク戦の守備で左太もも裏を痛めて欠場が続いていたが、七回1死一塁の場面で代打で登場すると、中日ファンのボルテージが一気に高まった。犠打を決めることはできなかったものの、その後打線が奮起し、この回一挙3得点。試合をひっくり返し、連敗を止めた。冒頭の藤波氏が続ける。

「ここまで4試合連続で1点以下と貧打に悩んでいた。監督が代打で出てバントをするというのは、手堅く1点を取る、という意思の表れだろう。捕手としても、監督の控えには松井雅、武山がいるが、前日の雄太、この日の山井が要所で痛打を浴びたように、リード面でも谷繁の存在が必要。ケガのことはあるとはいえ、中日が浮上するためには、監督・谷繁ではなく、選手・谷繁を前面に出していくことがカギを握っていると思う」

 過去、ヤクルトでは古田兼任監督がほぼ監督に専念、1年目は3位ながら2年目は最下位に転落。成績は振るわなかった。
 兼任監督はやはり、試合に出てナンボだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  4. 4

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  5. 5

    佐藤栄作超えも黄信号 囁かれ始めた史上最長政権の末路

  6. 6

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

  7. 7

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  8. 8

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る