日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

粘りの投球で9勝目も…アスレチックスがマー君を“丸裸”

クオリティースタートは12に伸ばす

 新人右腕は、マウンド上でさぞかし面食らったに違いない。ヤンキース・田中将大(25)が5日(日本時間6日)のアスレチックス戦に登板し、6回を1本塁打を含む5安打1失点で9勝目(1敗)をマーク。チームの連敗を4で止め、勝率5割をキープした。

 相手のアスレチックスは名物GMであるビリー・ビーン氏のもと、独自の統計的手法を用いてチーム編成を行うことで知られる。ドラフトやFA市場で獲得するのは特色のある選手ばかりだ。ビーンGMの方針から、特に野手は守備力にはある程度、目をつぶり、長打力があって選球眼に優れた選手を集める傾向にある。限られた予算でチーム運営を強いられているからだが、毎年、年俸総額はMLB30球団の中でも下位ながら、それなりに結果を残している。今季も開幕から好調で、この試合の前までリーグトップの勝率(6割2分7厘)でア西地区首位をひた走っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事