ルーキーでは野茂以来 マー君も驚いた「月間MVP」初受賞

公開日: 更新日:

 新人右腕がメジャー移籍後、初の栄誉を手にした。

 大リーグ機構(MLB)は3日(日本時間4日)、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ア・リーグ投手部門でヤンキース・田中将大(25)が初めて選ばれた。5月の田中は6試合に登板し、5勝1敗、防御率1.88。計43イニングで42三振、6四球と安定した投球を披露した。14日のサブウエー・シリーズのメッツ戦ではメジャー初完封をマークした。

 日本人選手による受賞はドジャース・野茂英雄(95年6月、96年9月)、ヤンキース・伊良部秀輝(98年5月、99年7月)、マリナーズ・イチロー(04年8月)、ヤンキース・松井秀喜(07年7月)に次いで5人目。ルーキーイヤーでの受賞は95年の野茂以来、2人目の快挙だ。

 5月に無傷の5勝をマークし、ハーラーダービー単独トップに立つブルージェイズ・バーリーら、メジャーを代表する投手を抑えて田中が選ばれたのは、新人らしからぬ働きが評価されたからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る