日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左脇腹痛で登板回避 マエケンの「メジャー評価」50億円減

「昨シーズンまでの内容や成績であれば、メジャーは入札金と年俸合わせて総額90億~100億円くらいの評価をしたと思います。ダルビッシュや岩隈の活躍で日本人投手の価値は上がり、その日本で田中に次ぐナンバー2だったわけですから。ただ、これだけ頻繁にケガをするとなると、評価が暴落する可能性もありますね」

 こう言うのはメジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。「評価が暴落する」とは10日、左脇腹の張りのため12日の先発を回避することが決まった広島の前田健太(26)のことだ。

 山内投手コーチは11日の状態次第で、選手登録を抹消する可能性も示唆した。
 前田は今季ここまで2回、故障している。4月12日と20日に右腕の上腕三頭筋を痛め、2回目は登録を抹消した。

 前出の友成氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事