左脇腹痛で登板回避 マエケンの「メジャー評価」50億円減

公開日:  更新日:

「昨シーズンまでの内容や成績であれば、メジャーは入札金と年俸合わせて総額90億~100億円くらいの評価をしたと思います。ダルビッシュや岩隈の活躍で日本人投手の価値は上がり、その日本で田中に次ぐナンバー2だったわけですから。ただ、これだけ頻繁にケガをするとなると、評価が暴落する可能性もありますね」

 こう言うのはメジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。「評価が暴落する」とは10日、左脇腹の張りのため12日の先発を回避することが決まった広島の前田健太(26)のことだ。

 山内投手コーチは11日の状態次第で、選手登録を抹消する可能性も示唆した。
 前田は今季ここまで2回、故障している。4月12日と20日に右腕の上腕三頭筋を痛め、2回目は登録を抹消した。

 前出の友成氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る