• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン株高騰で好感…メジャー球団の「広島カープ」評

 現地時間9日(日本時間10日)から行われている大リーグのウインターミーティングで広島・前田健太(25)の評価が日に日に上がっている。

 前田は10日の契約更改で来季以降、ポスティング(入札制度)でのメジャー移籍を目指すことを明言。それを受け、ナ・リーグのある強豪チームは早くも編成担当全員で今季のプレー映像をチェック。来オフの獲得に向けて動き始めたという。他球団も同様に前田獲得に本腰を入れ始めたそうだから、その人気ぶりがうかがえる。

 前田は今シーズン、チームトップの15勝を挙げた。今春のワールドベースボールクラシック(WBC)の1、2ラウンドでは2試合計10回を投げ2勝無敗(15奪三振)無失点という完璧な投球を見せた。メジャー選手中心だったプエルトリコとの準決勝でも5回4安打1失点。こうした投球内容が現地スカウトの好感を呼んでいるのだが、人気の理由はそれだけではない。育った「土壌」も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る