マエケン株高騰で好感…メジャー球団の「広島カープ」評

公開日: 更新日:

 現地時間9日(日本時間10日)から行われている大リーグのウインターミーティングで広島前田健太(25)の評価が日に日に上がっている。

 前田は10日の契約更改で来季以降、ポスティング(入札制度)でのメジャー移籍を目指すことを明言。それを受け、ナ・リーグのある強豪チームは早くも編成担当全員で今季のプレー映像をチェック。来オフの獲得に向けて動き始めたという。他球団も同様に前田獲得に本腰を入れ始めたそうだから、その人気ぶりがうかがえる。

 前田は今シーズン、チームトップの15勝を挙げた。今春のワールドベースボールクラシック(WBC)の1、2ラウンドでは2試合計10回を投げ2勝無敗(15奪三振)無失点という完璧な投球を見せた。メジャー選手中心だったプエルトリコとの準決勝でも5回4安打1失点。こうした投球内容が現地スカウトの好感を呼んでいるのだが、人気の理由はそれだけではない。育った「土壌」も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る