若手にも波及 マエケンのメジャー挑戦の“相乗効果”

公開日:  更新日:

 今オフにもポスティングシステムでの米大リーグ挑戦が濃厚な広島のエース前田健太(25)の周辺が、今年は騒がしくなりそうだ。

 昨年、楽天の田中(ヤンキース)が登板する試合はバックネット裏にメジャーのスカウトが大挙した。今年は広島のマツダスタジアムにその現象が起きる。マエケンを高く評価し、相思相愛ともいわれる名門ドジャースはもちろんのこと、各球団がスカウト派遣の準備を進めているが、見られてハッスルするのは、何も本人だけではない。

■菊地は緊張と無縁

 今や身近な世界になったメジャーリーグ。マエケンより若い世代のほとんどは志向があると言っても過言ではない。例えば昨季、驚異的な身体能力を武器に二塁手でゴールデングラブ賞を獲得した菊池涼介(24)は緊張とは無縁で、「観客も含めて人目は多いほどいい」と豪語する。もしメジャーのスカウトがズラリといれば、自分は関係なくても張り切ってしまう性格だ。

 先発ローテの野村祐輔(24)や新人の大瀬良大地(22)にしても、「いずれはメジャーへ」と胸に秘めている世代。広島はポスティングでのメジャー移籍を認める柔軟性のある球団でもある。マエケン目当てのスカウトにアピールするべく、「ヤングカープ」が成績を残す“相乗効果”で上位浮上を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る