若手にも波及 マエケンのメジャー挑戦の“相乗効果”

公開日: 更新日:

 今オフにもポスティングシステムでの米大リーグ挑戦が濃厚な広島のエース前田健太(25)の周辺が、今年は騒がしくなりそうだ。

 昨年、楽天の田中(ヤンキース)が登板する試合はバックネット裏にメジャーのスカウトが大挙した。今年は広島のマツダスタジアムにその現象が起きる。マエケンを高く評価し、相思相愛ともいわれる名門ドジャースはもちろんのこと、各球団がスカウト派遣の準備を進めているが、見られてハッスルするのは、何も本人だけではない。

■菊地は緊張と無縁

 今や身近な世界になったメジャーリーグ。マエケンより若い世代のほとんどは志向があると言っても過言ではない。例えば昨季、驚異的な身体能力を武器に二塁手でゴールデングラブ賞を獲得した菊池涼介(24)は緊張とは無縁で、「観客も含めて人目は多いほどいい」と豪語する。もしメジャーのスカウトがズラリといれば、自分は関係なくても張り切ってしまう性格だ。

 先発ローテの野村祐輔(24)や新人の大瀬良大地(22)にしても、「いずれはメジャーへ」と胸に秘めている世代。広島はポスティングでのメジャー移籍を認める柔軟性のある球団でもある。マエケン目当てのスカウトにアピールするべく、「ヤングカープ」が成績を残す“相乗効果”で上位浮上を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る