周囲も困惑…マエケン「スプリット」多投は“生命線”に悪影響

公開日:  更新日:

「よけいなことはしてくれるな」ということだろう。

今季オフのメジャー移籍が濃厚な広島・前田健太(25)が、2月のキャンプから新球の「スプリット・フィンガード・ファストボール(以下スプリット)」の習得に取り組んでいる。

 この変化球は、直球の軌道からホームベース上で微妙に落ちる球だ。フォークボールより落差がない分、スピードがあるので打者は見極めが難しい。ヤンキースの田中も武器にしているボールだ。

 田中はこの変化球で昨季公式戦24勝無敗を成し遂げ、メジャーでも高い評価を得た。落ちる変化球を持っていないマエケンは、このボールを手の内に入れようと躍起なのだが、握りや指のかかりに違和感があるようでなかなか結果が出ない。

■誰も言い出せない…

 9日のオープン戦初登板(対ヤクルト)では、相手打線にスプリットを狙われ3回7安打6失点と炎上。15日のロッテ戦では逆にそのスプリットを「封印」して5回1失点の好投を見せたことで、「まずは足元を見て欲しい」との声がチーム内から出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る