周囲も困惑…マエケン「スプリット」多投は“生命線”に悪影響

公開日: 更新日:

「よけいなことはしてくれるな」ということだろう。

今季オフのメジャー移籍が濃厚な広島前田健太(25)が、2月のキャンプから新球の「スプリット・フィンガード・ファストボール(以下スプリット)」の習得に取り組んでいる。

 この変化球は、直球の軌道からホームベース上で微妙に落ちる球だ。フォークボールより落差がない分、スピードがあるので打者は見極めが難しい。ヤンキースの田中も武器にしているボールだ。

 田中はこの変化球で昨季公式戦24勝無敗を成し遂げ、メジャーでも高い評価を得た。落ちる変化球を持っていないマエケンは、このボールを手の内に入れようと躍起なのだが、握りや指のかかりに違和感があるようでなかなか結果が出ない。

■誰も言い出せない…

 9日のオープン戦初登板(対ヤクルト)では、相手打線にスプリットを狙われ3回7安打6失点と炎上。15日のロッテ戦では逆にそのスプリットを「封印」して5回1失点の好投を見せたことで、「まずは足元を見て欲しい」との声がチーム内から出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る