周囲も困惑…マエケン「スプリット」多投は“生命線”に悪影響

公開日:  更新日:

「よけいなことはしてくれるな」ということだろう。

今季オフのメジャー移籍が濃厚な広島・前田健太(25)が、2月のキャンプから新球の「スプリット・フィンガード・ファストボール(以下スプリット)」の習得に取り組んでいる。

 この変化球は、直球の軌道からホームベース上で微妙に落ちる球だ。フォークボールより落差がない分、スピードがあるので打者は見極めが難しい。ヤンキースの田中も武器にしているボールだ。

 田中はこの変化球で昨季公式戦24勝無敗を成し遂げ、メジャーでも高い評価を得た。落ちる変化球を持っていないマエケンは、このボールを手の内に入れようと躍起なのだが、握りや指のかかりに違和感があるようでなかなか結果が出ない。

■誰も言い出せない…

 9日のオープン戦初登板(対ヤクルト)では、相手打線にスプリットを狙われ3回7安打6失点と炎上。15日のロッテ戦では逆にそのスプリットを「封印」して5回1失点の好投を見せたことで、「まずは足元を見て欲しい」との声がチーム内から出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る