「タナカは宝くじ同然」 メジャーの次なる標的広島マエケンの“お値段”

公開日: 更新日:

 田中の大型契約にニンマリしているのは、今オフに入札制度でメジャー移籍を目指す広島前田健太(25)かもしれない。

 前田は昨年のWBCで、田中を押しのけてベストナインを獲得。「マエケンの方がクオリティーが高い」と話すメジャースカウトもおり、田中級の評価を受けてもおかしくない。献身的と評判の早穂夫人(28)だって、今からワクワクドキドキだろう。

 が、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「こんな巨額契約は二度とないかもしれない」と、こう続ける。

「田中のメジャー挑戦はこれ以上ないタイミングだった。昨季24勝0敗という成績を残した上に、投手のFA市場は近年まれに見る凶作。先発3番手クラスのサンタナ(31=ロイヤルズからFA)くらいしか目立つ選手がいなかった。ヤンキースは昨季、5年ぶりにプレーオフ進出を逃し、先発投手で計算できるのは黒田(38)、サバシア(33)だけ。金満球団かつ、田中を喉から手が出るほど欲しかったからこそ、ここまでの契約になったといえる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る