日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「タナカは宝くじ同然」 メジャーの次なる標的広島マエケンの“お値段”

 田中の大型契約にニンマリしているのは、今オフに入札制度でメジャー移籍を目指す広島の前田健太(25)かもしれない。

 前田は昨年のWBCで、田中を押しのけてベストナインを獲得。「マエケンの方がクオリティーが高い」と話すメジャースカウトもおり、田中級の評価を受けてもおかしくない。献身的と評判の早穂夫人(28)だって、今からワクワクドキドキだろう。

 が、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「こんな巨額契約は二度とないかもしれない」と、こう続ける。

「田中のメジャー挑戦はこれ以上ないタイミングだった。昨季24勝0敗という成績を残した上に、投手のFA市場は近年まれに見る凶作。先発3番手クラスのサンタナ(31=ロイヤルズからFA)くらいしか目立つ選手がいなかった。ヤンキースは昨季、5年ぶりにプレーオフ進出を逃し、先発投手で計算できるのは黒田(38)、サバシア(33)だけ。金満球団かつ、田中を喉から手が出るほど欲しかったからこそ、ここまでの契約になったといえる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事