「タナカは宝くじ同然」 メジャーの次なる標的広島マエケンの“お値段”

公開日: 更新日:

 田中の大型契約にニンマリしているのは、今オフに入札制度でメジャー移籍を目指す広島の前田健太(25)かもしれない。

 前田は昨年のWBCで、田中を押しのけてベストナインを獲得。「マエケンの方がクオリティーが高い」と話すメジャースカウトもおり、田中級の評価を受けてもおかしくない。献身的と評判の早穂夫人(28)だって、今からワクワクドキドキだろう。

 が、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「こんな巨額契約は二度とないかもしれない」と、こう続ける。

「田中のメジャー挑戦はこれ以上ないタイミングだった。昨季24勝0敗という成績を残した上に、投手のFA市場は近年まれに見る凶作。先発3番手クラスのサンタナ(31=ロイヤルズからFA)くらいしか目立つ選手がいなかった。ヤンキースは昨季、5年ぶりにプレーオフ進出を逃し、先発投手で計算できるのは黒田(38)、サバシア(33)だけ。金満球団かつ、田中を喉から手が出るほど欲しかったからこそ、ここまでの契約になったといえる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る