「タナカは宝くじ同然」 メジャーの次なる標的広島マエケンの“お値段”

公開日: 更新日:

 田中の大型契約にニンマリしているのは、今オフに入札制度でメジャー移籍を目指す広島前田健太(25)かもしれない。

 前田は昨年のWBCで、田中を押しのけてベストナインを獲得。「マエケンの方がクオリティーが高い」と話すメジャースカウトもおり、田中級の評価を受けてもおかしくない。献身的と評判の早穂夫人(28)だって、今からワクワクドキドキだろう。

 が、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「こんな巨額契約は二度とないかもしれない」と、こう続ける。

「田中のメジャー挑戦はこれ以上ないタイミングだった。昨季24勝0敗という成績を残した上に、投手のFA市場は近年まれに見る凶作。先発3番手クラスのサンタナ(31=ロイヤルズからFA)くらいしか目立つ選手がいなかった。ヤンキースは昨季、5年ぶりにプレーオフ進出を逃し、先発投手で計算できるのは黒田(38)、サバシア(33)だけ。金満球団かつ、田中を喉から手が出るほど欲しかったからこそ、ここまでの契約になったといえる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  8. 8

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

もっと見る