• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初戦ドロー健闘も…ナイジェリア代表選手はボーナスが心配

 本当に支払われるのだろうか。イランと0-0の引き分けに終わったナイジェリアの、W杯ボーナスのことだ。

 ナイジェリアは今大会前から、W杯出場ボーナスをめぐって選手と同国サッカー協会が対立。現地16日のイラン戦前日まで折衝が続けられた。15日になってようやく協会側はグループリーグでの1勝ごとに、出場選手1人につき約100万円を支払うことを約束。さらに8強入りで125万円、4強で150万円、準優勝で200万円、優勝なら250万円を支給する太っ腹の姿勢を示した。

 だが、選手たちは疑いの目を向けている。ナイジェリアのサッカー協会は慢性的な資金不足。協会の金庫は常に「からっぽ状態」だからだ。

 しかも、同国サッカー協会は、過去のW杯でもFIFAから支給された出場給を協会幹部や政治家らが着服。選手に報奨金が支払われないケースがあったという。今大会も同じような状況になるのでは、と選手たちは懸念しているのだ。

 ちなみに今大会の出場32カ国は、グループリーグ全敗でもFIFAから1チームあたり約8億円が分配される。それだけあれば、選手への報奨金は十分のはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事