• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初戦ドロー健闘も…ナイジェリア代表選手はボーナスが心配

 本当に支払われるのだろうか。イランと0-0の引き分けに終わったナイジェリアの、W杯ボーナスのことだ。

 ナイジェリアは今大会前から、W杯出場ボーナスをめぐって選手と同国サッカー協会が対立。現地16日のイラン戦前日まで折衝が続けられた。15日になってようやく協会側はグループリーグでの1勝ごとに、出場選手1人につき約100万円を支払うことを約束。さらに8強入りで125万円、4強で150万円、準優勝で200万円、優勝なら250万円を支給する太っ腹の姿勢を示した。

 だが、選手たちは疑いの目を向けている。ナイジェリアのサッカー協会は慢性的な資金不足。協会の金庫は常に「からっぽ状態」だからだ。

 しかも、同国サッカー協会は、過去のW杯でもFIFAから支給された出場給を協会幹部や政治家らが着服。選手に報奨金が支払われないケースがあったという。今大会も同じような状況になるのでは、と選手たちは懸念しているのだ。

 ちなみに今大会の出場32カ国は、グループリーグ全敗でもFIFAから1チームあたり約8億円が分配される。それだけあれば、選手への報奨金は十分のはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る