初戦ドロー健闘も…ナイジェリア代表選手はボーナスが心配

公開日:  更新日:

 本当に支払われるのだろうか。イランと0-0の引き分けに終わったナイジェリアの、W杯ボーナスのことだ。

 ナイジェリアは今大会前から、W杯出場ボーナスをめぐって選手と同国サッカー協会が対立。現地16日のイラン戦前日まで折衝が続けられた。15日になってようやく協会側はグループリーグでの1勝ごとに、出場選手1人につき約100万円を支払うことを約束。さらに8強入りで125万円、4強で150万円、準優勝で200万円、優勝なら250万円を支給する太っ腹の姿勢を示した。

 だが、選手たちは疑いの目を向けている。ナイジェリアのサッカー協会は慢性的な資金不足。協会の金庫は常に「からっぽ状態」だからだ。

 しかも、同国サッカー協会は、過去のW杯でもFIFAから支給された出場給を協会幹部や政治家らが着服。選手に報奨金が支払われないケースがあったという。今大会も同じような状況になるのでは、と選手たちは懸念しているのだ。

 ちなみに今大会の出場32カ国は、グループリーグ全敗でもFIFAから1チームあたり約8億円が分配される。それだけあれば、選手への報奨金は十分のはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る