日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本邦茂氏 「“日本らしいサッカー”という言葉に違和感」

 コートジボワールの選手と日本人選手を比べると「個の差」は、思っていた以上に歴然としていましたね。でも、差があること自体、戦う前から分かっていたこと。キックオフの笛を聞いて初めて気付いたことではない。

 フィジカル、テクニック、スピード、ドリブル突破力、キープ力、スタミナ……どんな戦いをすればこの差を埋められるか? これがコートジボワール戦に臨む日本代表の命題だった。

 選手ひとりひとりが一生懸命にプレーする。組織力を整備して「チームとチームとの戦い」に持ち込み、個の差のハンディを補う。堅く守ってコトージボワールの攻撃を耐え忍び、機を見るに敏なカウンターを仕掛けてゴールを狙っていく……いろいろなやり方はあるだろうが、ザッケローニ監督は「得点が相手よりも多ければ、何点取られてもいい」という攻撃サッカーを選択した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事