釜本邦茂氏 「“日本らしいサッカー”という言葉に違和感」

公開日: 更新日:

 コートジボワールの選手と日本人選手を比べると「個の差」は、思っていた以上に歴然としていましたね。でも、差があること自体、戦う前から分かっていたこと。キックオフの笛を聞いて初めて気付いたことではない。

 フィジカル、テクニック、スピード、ドリブル突破力、キープ力、スタミナ……どんな戦いをすればこの差を埋められるか? これがコートジボワール戦に臨む日本代表の命題だった。

 選手ひとりひとりが一生懸命にプレーする。組織力を整備して「チームとチームとの戦い」に持ち込み、個の差のハンディを補う。堅く守ってコトージボワールの攻撃を耐え忍び、機を見るに敏なカウンターを仕掛けてゴールを狙っていく……いろいろなやり方はあるだろうが、ザッケローニ監督は「得点が相手よりも多ければ、何点取られてもいい」という攻撃サッカーを選択した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る