慣れるべきは暑さより湿度だった 「日本は準備に失敗」の声

公開日: 更新日:

 かつて、1994年米W杯優勝時のブラジル代表キャプテン、ドゥンガが、「ワールドカップはその国のサッカーの総力が問われる」と語ったことがある。

 本大会に向けてどのような日程で親善試合を組むのか、合宿地をどこにするのか、時差調節――。こうしたさまざまな要素がピッチの中に影響する。短期決戦であるW杯では、ピッチの中の11人だけでなく、サポートを含めた力が問われる。だから、この大会で優勝できる国は限られているのだ。

 試合前、コートジボワールのエースFW、ドログバは足の付け根に痛みを抱えており、100%ではないと報じられていた。さらにもうひとりの中心選手、マンチェスター・シティーの今季プレミアリーグ優勝の立役者、MFヤヤ・トゥーレは、負傷で直前の親善試合を欠場していた。

 日本代表メンバーは史上最強であり、コートジボワールに勝てそうだという雰囲気があった。ところが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る