ダル10Kでメジャー初完封7勝目 球宴先発に急浮上

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が、遅まきながら初の完封勝利をマークした。11日(日本時間12日)のインターリーグ・マーリンズ戦に登板。6安打10三振、3四球で7勝目(2敗)をマークした。意外にもメジャー3年目にして完封は初めてのことだ。

 立ち上がりは直球の制球を乱し、一、二回とも先頭打者を四球で歩かせながらも落ち着いて後続を打ち取り、付け入る隙を与えない。相手に的を絞らせず、人を食ったようなスローカーブを織り交ぜながら凡打の山を築く。

 この試合の前までマーリンズはチーム打率2割6分2厘、総得点292ともリーグ2位。その強力打線を17本塁打(リーグトップタイ)、53打点(同1位)で牽引するスタントンには九回に右前打を許したものの、六回の第3打席まではいずれも直球で打ち取った。

 圧巻だったのは八回。先頭のエチェベリア、イエリッチを3球三振。2番ルーカスには簡単に2ストライクと追い込み、3球では仕留められなかったものの、最後は低めのカットボールを振らせて3者連続三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る