ダル10Kでメジャー初完封7勝目 球宴先発に急浮上

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が、遅まきながら初の完封勝利をマークした。11日(日本時間12日)のインターリーグ・マーリンズ戦に登板。6安打10三振、3四球で7勝目(2敗)をマークした。意外にもメジャー3年目にして完封は初めてのことだ。

 立ち上がりは直球の制球を乱し、一、二回とも先頭打者を四球で歩かせながらも落ち着いて後続を打ち取り、付け入る隙を与えない。相手に的を絞らせず、人を食ったようなスローカーブを織り交ぜながら凡打の山を築く。

 この試合の前までマーリンズはチーム打率2割6分2厘、総得点292ともリーグ2位。その強力打線を17本塁打(リーグトップタイ)、53打点(同1位)で牽引するスタントンには九回に右前打を許したものの、六回の第3打席まではいずれも直球で打ち取った。

 圧巻だったのは八回。先頭のエチェベリア、イエリッチを3球三振。2番ルーカスには簡単に2ストライクと追い込み、3球では仕留められなかったものの、最後は低めのカットボールを振らせて3者連続三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る