• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル10Kでメジャー初完封7勝目 球宴先発に急浮上

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が、遅まきながら初の完封勝利をマークした。11日(日本時間12日)のインターリーグ・マーリンズ戦に登板。6安打10三振、3四球で7勝目(2敗)をマークした。意外にもメジャー3年目にして完封は初めてのことだ。

 立ち上がりは直球の制球を乱し、一、二回とも先頭打者を四球で歩かせながらも落ち着いて後続を打ち取り、付け入る隙を与えない。相手に的を絞らせず、人を食ったようなスローカーブを織り交ぜながら凡打の山を築く。

 この試合の前までマーリンズはチーム打率2割6分2厘、総得点292ともリーグ2位。その強力打線を17本塁打(リーグトップタイ)、53打点(同1位)で牽引するスタントンには九回に右前打を許したものの、六回の第3打席まではいずれも直球で打ち取った。

 圧巻だったのは八回。先頭のエチェベリア、イエリッチを3球三振。2番ルーカスには簡単に2ストライクと追い込み、3球では仕留められなかったものの、最後は低めのカットボールを振らせて3者連続三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る