• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル10Kでメジャー初完封7勝目 球宴先発に急浮上

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が、遅まきながら初の完封勝利をマークした。11日(日本時間12日)のインターリーグ・マーリンズ戦に登板。6安打10三振、3四球で7勝目(2敗)をマークした。意外にもメジャー3年目にして完封は初めてのことだ。

 立ち上がりは直球の制球を乱し、一、二回とも先頭打者を四球で歩かせながらも落ち着いて後続を打ち取り、付け入る隙を与えない。相手に的を絞らせず、人を食ったようなスローカーブを織り交ぜながら凡打の山を築く。

 この試合の前までマーリンズはチーム打率2割6分2厘、総得点292ともリーグ2位。その強力打線を17本塁打(リーグトップタイ)、53打点(同1位)で牽引するスタントンには九回に右前打を許したものの、六回の第3打席まではいずれも直球で打ち取った。

 圧巻だったのは八回。先頭のエチェベリア、イエリッチを3球三振。2番ルーカスには簡単に2ストライクと追い込み、3球では仕留められなかったものの、最後は低めのカットボールを振らせて3者連続三振を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る