交流戦首位の立役者 巨人・片岡の飲みっぷり、歌いっぷり

公開日:  更新日:

 6連勝中の巨人は、早ければ18日にも交流戦優勝が決まる。セ・リーグでも2位広島に4.5ゲーム差をつけて独走態勢を固めつつある。立役者のひとりが片岡治大(31)だ。
 打率は.284も、原辰徳監督(55)が重視する得点圏打率はチームトップの.404。大谷が相手だった11日の日本ハム戦で決勝打を放つなど勝負強さを発揮。14日の楽天戦ではノーサインで三盗を決め、翌15日の満塁のピンチでは、自身の判断で一、二塁間寄りにポジションを変え、守備で窮地を救った。

 走攻守といぶし銀の働きで、なかなか調子が上がってこない主力の不振をカバーしている。細かいサインが多い巨人にあって、「ベンチの指示がなくても動ける選手は実は少ない」と首脳陣も目を細める。
 今年は目まぐるしく変わる猫の目打線の中で、欠場した1試合を除く、交流戦全試合で「2番」。打順が固定されている唯一の選手ということからも、指揮官の信頼度がうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る