若手投手連夜好投で原監督からの信頼失う巨人「FAコンビ」

公開日:  更新日:

8日の小山に続き3年目左腕今村も勝利

「きのうと今日の2人の投手というのは明るい、巨人にとってビッグニュース」

 巨人の原監督は、うれしそうにこう言った。9日のロッテ戦に一軍に昇格したばかりの高卒3年目左腕の今村信貴(20)が先発。5回3分の1を投げ、2安打1失点で2勝目(1敗)を挙げた。開口一番、「ナイスピッチングですね。春の経験を生かしていい形で戻ってきてくれた」と及第点を与えた指揮官は、8日の試合で自身初、チームでも菅野に次ぐ2人目の完投勝利を挙げた25歳の小山と合わせ、手放しの褒めっぷりだった。

 2戦2勝の小山は、菅野、杉内、大竹の3人のみだった先発ローテ入りが確定。原監督は8日も「若い力は巨人の宝」と評したが、若手投手の台頭をやけに喜んでいるのにはワケがある。

■「同じ左腕なら今村」の声も…

 移籍1年目の大竹と3年目の杉内の「FAコンビ」がピリッとしないからだ。大竹は5月9日に5勝目(3敗)を挙げて以来、1カ月以上も勝ち星から遠ざかっている。防御率はセの規定投球回数に到達している18人中17位の4.86。被安打74もワースト3位と安定感に欠けている。前回の登板で右脚にけいれんを起こして降板した際、「あの程度で脚をつっていては困る」と原監督に厳しく突き放されたのが、大竹の今の立場を物語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る