故障の連鎖も…巨人投手陣を壊した原監督の「中5日ローテ」

公開日: 更新日:

内海が左肩痛で先発回避

 巨人に衝撃が走った。4日、内海哲也(32)が予定されていたソフトバンク戦の先発を回避。朝に左肩の痛みを訴えてそのまま帰京し、5日に出場選手登録を抹消されることになった。

 先月29日にやっと初勝利を挙げたばかりだが、防御率3.31は菅野智之(24)に次ぐチーム2位。これからという時の左腕エースの離脱に原辰徳監督(55)は「次の役割は早く治すこと」と険しい表情だった。

「人災じゃないか。春先から中5日なんてムリをさせるからですよ」

 こう言うのは他球団のスコアラー。話を続けてもらう。

「巨人は今季、通常通り、先発投手6人を中6日で回すつもりだった。それが、開幕5戦目に登板した宮国がKOされ、即二軍。その後は5人で主に中5日で回ることになった。開幕後の突然の変更は、リーグトップタイの7勝(2敗)を挙げる菅野に、より多くの登板機会を与えるためでしょう。投手がいないわけじゃないのに、何で中5日なんてムリをさせるんだろうと。若い菅野はまだしも、30代の投手は1年持ちませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る