故障の連鎖も…巨人投手陣を壊した原監督の「中5日ローテ」

公開日:  更新日:

内海が左肩痛で先発回避

 巨人に衝撃が走った。4日、内海哲也(32)が予定されていたソフトバンク戦の先発を回避。朝に左肩の痛みを訴えてそのまま帰京し、5日に出場選手登録を抹消されることになった。

 先月29日にやっと初勝利を挙げたばかりだが、防御率3.31は菅野智之(24)に次ぐチーム2位。これからという時の左腕エースの離脱に原辰徳監督(55)は「次の役割は早く治すこと」と険しい表情だった。

「人災じゃないか。春先から中5日なんてムリをさせるからですよ」

 こう言うのは他球団のスコアラー。話を続けてもらう。

「巨人は今季、通常通り、先発投手6人を中6日で回すつもりだった。それが、開幕5戦目に登板した宮国がKOされ、即二軍。その後は5人で主に中5日で回ることになった。開幕後の突然の変更は、リーグトップタイの7勝(2敗)を挙げる菅野に、より多くの登板機会を与えるためでしょう。投手がいないわけじゃないのに、何で中5日なんてムリをさせるんだろうと。若い菅野はまだしも、30代の投手は1年持ちませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る