故障の連鎖も…巨人投手陣を壊した原監督の「中5日ローテ」

公開日: 更新日:

内海が左肩痛で先発回避

 巨人に衝撃が走った。4日、内海哲也(32)が予定されていたソフトバンク戦の先発を回避。朝に左肩の痛みを訴えてそのまま帰京し、5日に出場選手登録を抹消されることになった。

 先月29日にやっと初勝利を挙げたばかりだが、防御率3.31は菅野智之(24)に次ぐチーム2位。これからという時の左腕エースの離脱に原辰徳監督(55)は「次の役割は早く治すこと」と険しい表情だった。

「人災じゃないか。春先から中5日なんてムリをさせるからですよ」

 こう言うのは他球団のスコアラー。話を続けてもらう。

「巨人は今季、通常通り、先発投手6人を中6日で回すつもりだった。それが、開幕5戦目に登板した宮国がKOされ、即二軍。その後は5人で主に中5日で回ることになった。開幕後の突然の変更は、リーグトップタイの7勝(2敗)を挙げる菅野に、より多くの登板機会を与えるためでしょう。投手がいないわけじゃないのに、何で中5日なんてムリをさせるんだろうと。若い菅野はまだしも、30代の投手は1年持ちませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る