“余剰戦力”が一転…巨人・亀井獲りを狙う他球団が歯ぎしり

公開日:  更新日:

交流戦MVP候補

 巨人は24日、東京ドームで練習を再開した。2年ぶりの優勝を飾ったといっても、交流戦のチーム打率は.255。「今日は打ち込みデー」とし、フリー打撃に時間を割いた原辰徳監督(55)は、交流戦終盤の3番亀井、4番村田、5番阿部のクリーンアップを「今のベスト」と言い、交流戦のMVP最有力候補の亀井については「アンダーソンが本調子ではない中で、カメ(亀井)が入って打線が良くなった。うちのチームで振る力が一番ある。見てて悲壮感があるのがいい」と持ち上げた。

 1番坂本、2番片岡、3番亀井の並びも「良さが出つつある。そこはスタイルを変える必要はない」と、これまでの猫の目打線が固まりつつあることを示唆。原監督の思考の中心にいるのが打率.356の亀井なのだ。

 春季キャンプで右手人さし指を骨折したが、5月31日に一軍昇格すると、交流戦16勝中4度の決勝打と勝負強さを発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る