巨人2年ぶり交流戦Vも…ベンチのやり方に選手は複雑?

公開日: 更新日:

「必ずしもチームの雰囲気がいいようには感じませんけどね」
 巨人OBの評論家・高橋善正氏がこう言った。22日、ソフトバンクとの最終戦を制し、2年ぶり2度目の交流戦優勝を果たした原巨人。誇らしげに帽子を掲げてファンの声援に応えた原監督とは対照的に、村田や阿部はほとんど表情を崩すことなく仏頂面だったのが印象的だったが、「そりゃ、そうでしょう」と高橋氏がこう続けるのだ。

「4番の村田は前日の試合で代打を出された。2点を追う九回無死二塁という好機にベンチに下げられたわけだから、屈辱的ですよ。阿部はこの交流戦で打順を8番まで落とされたことがあった。いくら不調が続いているとはいえ、本人のプライドを考えればこれも理解に苦しむ。坂本、ロペスはそれぞれ、クリーンアップに入った試合で犠打を命じられた。普通ならベンチと選手の信頼関係が崩れ、チームがガタガタになってもおかしくない起用ですが、巨人はそれでも勝ってしまう。それだけ選手個々の能力が高いということでしょう。改めて巨人がいかに戦力に恵まれているかを痛感させられた交流戦でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る