巨人2年ぶり交流戦Vも…ベンチのやり方に選手は複雑?

公開日: 更新日:

「必ずしもチームの雰囲気がいいようには感じませんけどね」
 巨人OBの評論家・高橋善正氏がこう言った。22日、ソフトバンクとの最終戦を制し、2年ぶり2度目の交流戦優勝を果たした原巨人。誇らしげに帽子を掲げてファンの声援に応えた原監督とは対照的に、村田や阿部はほとんど表情を崩すことなく仏頂面だったのが印象的だったが、「そりゃ、そうでしょう」と高橋氏がこう続けるのだ。

「4番の村田は前日の試合で代打を出された。2点を追う九回無死二塁という好機にベンチに下げられたわけだから、屈辱的ですよ。阿部はこの交流戦で打順を8番まで落とされたことがあった。いくら不調が続いているとはいえ、本人のプライドを考えればこれも理解に苦しむ。坂本、ロペスはそれぞれ、クリーンアップに入った試合で犠打を命じられた。普通ならベンチと選手の信頼関係が崩れ、チームがガタガタになってもおかしくない起用ですが、巨人はそれでも勝ってしまう。それだけ選手個々の能力が高いということでしょう。改めて巨人がいかに戦力に恵まれているかを痛感させられた交流戦でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る