一発病は相変わらず…巨人・沢村「1軍昇格」に期待と不安

公開日:  更新日:

 右肩痛からの復活を目指す巨人の右腕・沢村拓一(26)が24日、二軍の楽天戦に先発。MAX151キロを記録し、「今までで一番いい球を投げられた」と、今季初の一軍昇格に自信を見せた。

 3回3分の1で51球を投げ、3安打1失点。あの力のあるボールが戻りつつあるのは確かだ。見守った川口投手総合コーチも「アイツらしい投球だったと思います」と安心した様子だったが、持病と言ってもいい「一発病」も相変わらず。この日も雷雨でノーゲームとなる直前、高めに浮いた148キロの真っすぐを高卒3年目の楽天・三好に左翼フェンスの先へ打ち込まれた。

 自らの球威を過信する沢村は変化球の制球難もあり、投球が単調になって長打を食らうことが少なくない。1年目の11年にセのワースト3位タイの14被本塁打、12年は同5位の12被本塁打、昨年も同4位タイの18本塁打を許した。「アイツらしい投球」と言った川口コーチの本音は、こっちを指してのことだったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る