一発病は相変わらず…巨人・沢村「1軍昇格」に期待と不安

公開日:  更新日:

 右肩痛からの復活を目指す巨人の右腕・沢村拓一(26)が24日、二軍の楽天戦に先発。MAX151キロを記録し、「今までで一番いい球を投げられた」と、今季初の一軍昇格に自信を見せた。

 3回3分の1で51球を投げ、3安打1失点。あの力のあるボールが戻りつつあるのは確かだ。見守った川口投手総合コーチも「アイツらしい投球だったと思います」と安心した様子だったが、持病と言ってもいい「一発病」も相変わらず。この日も雷雨でノーゲームとなる直前、高めに浮いた148キロの真っすぐを高卒3年目の楽天・三好に左翼フェンスの先へ打ち込まれた。

 自らの球威を過信する沢村は変化球の制球難もあり、投球が単調になって長打を食らうことが少なくない。1年目の11年にセのワースト3位タイの14被本塁打、12年は同5位の12被本塁打、昨年も同4位タイの18本塁打を許した。「アイツらしい投球」と言った川口コーチの本音は、こっちを指してのことだったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る