一発病は相変わらず…巨人・沢村「1軍昇格」に期待と不安

公開日: 更新日:

 右肩痛からの復活を目指す巨人の右腕・沢村拓一(26)が24日、二軍の楽天戦に先発。MAX151キロを記録し、「今までで一番いい球を投げられた」と、今季初の一軍昇格に自信を見せた。

 3回3分の1で51球を投げ、3安打1失点。あの力のあるボールが戻りつつあるのは確かだ。見守った川口投手総合コーチも「アイツらしい投球だったと思います」と安心した様子だったが、持病と言ってもいい「一発病」も相変わらず。この日も雷雨でノーゲームとなる直前、高めに浮いた148キロの真っすぐを高卒3年目の楽天・三好に左翼フェンスの先へ打ち込まれた。

 自らの球威を過信する沢村は変化球の制球難もあり、投球が単調になって長打を食らうことが少なくない。1年目の11年にセのワースト3位タイの14被本塁打、12年は同5位の12被本塁打、昨年も同4位タイの18本塁打を許した。「アイツらしい投球」と言った川口コーチの本音は、こっちを指してのことだったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る