• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季巨人入り本命視も…オリ金子にメジャーが“熱視線”

「本命は巨人? いや、そうとは限らないよ」
 オリックス・金子千尋(30)の周辺からこんな話が聞こえてきた。語るは大阪のさる放送関係者だ。

「金子は昨オフ、球団から複数年契約を提示されながら拒否して単年契約を結んだ。順調にいけば今季中に取得する国内FA権(8年)を行使して、巨人に行くなんて話が出回っている。実際、金子がこのままオリックスに残留する可能性は低いと聞いています。ただ、巨人で決まりかといえばそうではない。シーズン中も時間を見つけて、メジャー公認球でキャッチボールをしているとも聞きました。気持ちのどこかにメジャーという文字があると思う」

 金子本人はメジャーについて「考えていない」と話す一方、田中将大が入札金20億円、7年総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約でヤンキース入りしたことに、「すごい。日本人投手であれだけの契約をしてもらえるのは、日本人の評価が上がってきた証拠。夢があると思った」と言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る