来季巨人入り本命視も…オリ金子にメジャーが“熱視線”

公開日:  更新日:

「本命は巨人? いや、そうとは限らないよ」
 オリックス・金子千尋(30)の周辺からこんな話が聞こえてきた。語るは大阪のさる放送関係者だ。

「金子は昨オフ、球団から複数年契約を提示されながら拒否して単年契約を結んだ。順調にいけば今季中に取得する国内FA権(8年)を行使して、巨人に行くなんて話が出回っている。実際、金子がこのままオリックスに残留する可能性は低いと聞いています。ただ、巨人で決まりかといえばそうではない。シーズン中も時間を見つけて、メジャー公認球でキャッチボールをしているとも聞きました。気持ちのどこかにメジャーという文字があると思う」

 金子本人はメジャーについて「考えていない」と話す一方、田中将大が入札金20億円、7年総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約でヤンキース入りしたことに、「すごい。日本人投手であれだけの契約をしてもらえるのは、日本人の評価が上がってきた証拠。夢があると思った」と言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る