• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季巨人入り本命視も…オリ金子にメジャーが“熱視線”

「本命は巨人? いや、そうとは限らないよ」
 オリックス・金子千尋(30)の周辺からこんな話が聞こえてきた。語るは大阪のさる放送関係者だ。

「金子は昨オフ、球団から複数年契約を提示されながら拒否して単年契約を結んだ。順調にいけば今季中に取得する国内FA権(8年)を行使して、巨人に行くなんて話が出回っている。実際、金子がこのままオリックスに残留する可能性は低いと聞いています。ただ、巨人で決まりかといえばそうではない。シーズン中も時間を見つけて、メジャー公認球でキャッチボールをしているとも聞きました。気持ちのどこかにメジャーという文字があると思う」

 金子本人はメジャーについて「考えていない」と話す一方、田中将大が入札金20億円、7年総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約でヤンキース入りしたことに、「すごい。日本人投手であれだけの契約をしてもらえるのは、日本人の評価が上がってきた証拠。夢があると思った」と言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る