交流戦でばく進「巨人独走」に死角あり…OBが問題点ズバリ

公開日: 更新日:

「大丈夫?というくらい元気ない」

 巨人OBの評論家・橋本清氏は「カギを握るのは阿部慎之助だと思います」と言う。

 2年ぶり2度目の交流戦制覇を果たした巨人は、パ球団との対決で16勝8敗と貯金8の荒稼ぎ。首位に3.5ゲーム差のセ3位で交流戦に入ったが、終わってみれば失速した広島を抜き去り、2.5ゲーム差をつけてリーグトップに立った。

 セ2位の広島、3位の阪神が交流戦でともに9勝15敗で最下位に沈んだこともあり、球界では「このまま巨人が独走する」との見方が強まっている。

「内海が故障で二軍落ちすれば小山が、セペダの調子が上がらなければ亀井が、と主力の穴を補って余りある活躍をする選手が巨人にはいる。さすがの層の厚さです。加えて交流戦では、苦手とされてきた1点差試合も7勝1敗と圧倒した。マシソン、山口に加え香月、笠原といった中堅、若手がリリーフで期待以上の結果を残したからこそです。ただ、投打ともに盤石の状態かといえば、まだそうではありません。この交流戦でも阿部が打率.253、長野が.262、片岡が.264とリーグ戦から引きずったままです。特に攻守に精彩を欠く阿部は話をしても、大丈夫? と思うほど元気がない。小山、亀井の活躍はチームに勢いは与えますが、安定感を生むのはやはり主力の活躍。中でもナインの精神的支柱でもある阿部が復調しないことには、ベンチも安心できません」(前出の橋本氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る