いきなり3連打浴び…日ハム武田「敗戦処理」降格もある!?

公開日:  更新日:

 今季で2年契約の最終年を迎える日本ハムの武田久(35)。去る2日の西武戦、3点リードの九回に登板するも、いきなり3連打を浴びてサヨナラ負けのきっかけをつくった。

 これまで長らく不動の守護神だったが、今季はインフルエンザと不調で2度の二軍落ち。

 武田に代わって抑えを任されていた増井が不調で登録抹消されると、2カ月の二軍生活を経てようやく一軍へ。久々にカムバックした直後の大炎上だ。

「抑えが誰という形は決めない。相手の打線によって(継投の順番は)決める。その方が配置転換の必要もないし、ここにきてそんなことをする余裕もない」

 栗山監督がこう言えば、厚沢投手コーチも「継投の順番は相手の打順を見てから試合前に決める。だから、どの投手が何回、どの順番でブルペンに入るかは、日によって違う」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る