いきなり3連打浴び…日ハム武田「敗戦処理」降格もある!?

公開日:  更新日:

 今季で2年契約の最終年を迎える日本ハムの武田久(35)。去る2日の西武戦、3点リードの九回に登板するも、いきなり3連打を浴びてサヨナラ負けのきっかけをつくった。

 これまで長らく不動の守護神だったが、今季はインフルエンザと不調で2度の二軍落ち。

 武田に代わって抑えを任されていた増井が不調で登録抹消されると、2カ月の二軍生活を経てようやく一軍へ。久々にカムバックした直後の大炎上だ。

「抑えが誰という形は決めない。相手の打線によって(継投の順番は)決める。その方が配置転換の必要もないし、ここにきてそんなことをする余裕もない」

 栗山監督がこう言えば、厚沢投手コーチも「継投の順番は相手の打順を見てから試合前に決める。だから、どの投手が何回、どの順番でブルペンに入るかは、日によって違う」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る