自己最多12Kでも“成長途上” 日ハム大谷のポテンシャル

公開日: 更新日:

 これでもまだ「発展途上」というのだから、末恐ろしい。

 投げれば160キロ、打てば特大の135メートル弾を放つ日本ハム大谷翔平(19)。2日の西武戦は7回7安打2失点、プロ入り最多となる12三振を奪った。リリーフ陣が試合をひっくり返されて8勝目(1敗)はするりと逃げたものの、この日の最速は158キロ。速球のほとんどは150キロを超え、フォークも140キロ台中盤をマークした。

 そんな大谷について「まだまだこれから」と言うのは厚沢投手コーチだ。
「アイツはまだまだ成長段階。そうでもなけりゃ、オフの間に体を鍛えたからといって、あんな仮面ライダーみたいにならないでしょう。まだまだ成長は続いているよ。試合中に足がつる? それも成長と無関係じゃないかもしれない」

■中途半端に終わった昨シーズン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る