自己最多12Kでも“成長途上” 日ハム大谷のポテンシャル

公開日: 更新日:

 これでもまだ「発展途上」というのだから、末恐ろしい。

 投げれば160キロ、打てば特大の135メートル弾を放つ日本ハムの大谷翔平(19)。2日の西武戦は7回7安打2失点、プロ入り最多となる12三振を奪った。リリーフ陣が試合をひっくり返されて8勝目(1敗)はするりと逃げたものの、この日の最速は158キロ。速球のほとんどは150キロを超え、フォークも140キロ台中盤をマークした。

 そんな大谷について「まだまだこれから」と言うのは厚沢投手コーチだ。
「アイツはまだまだ成長段階。そうでもなけりゃ、オフの間に体を鍛えたからといって、あんな仮面ライダーみたいにならないでしょう。まだまだ成長は続いているよ。試合中に足がつる? それも成長と無関係じゃないかもしれない」

■中途半端に終わった昨シーズン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る