折り返し前から“カンフル剤” 日ハム「新人事」は吉と出るか

公開日: 更新日:

 巻き返しの「二の矢」となるのか。

 29日に栗山監督の来季続投を発表した日本ハム。30日には大塚外野守備走塁コーチと紺田二軍同コーチが入れ替えと、立て続けにコーチの配置転換まで行った。

 理由は走塁面でのミスが目立ってきたからだという。大塚コーチは評論家時代と変わらず、ひょうきんな人物。選手を厳しく抑え付けるといったことがなく、練習中もジョークを飛ばすなど、若干チーム内の雰囲気が緩んでいたことは確かだ。紺田コーチは33歳と指導者としては若いが、二軍では守備走塁面で的確なアドバイスをすることも多い。本人も選手と年齢が近いがゆえに、なれ合いにならないよう距離を置いている節もある。一軍選手を引き締めるという点で、今回の抜擢となったようだ。

 栗山監督が契約最終年とあって、日ハムはチームの空中分解を恐れていた。選手も「次は誰か」となれば浮足立ちかねないし、スポーツ紙などで後任監督が取り沙汰されれば、なおさらだ。足元が定まらなければ野球に集中できず、プレーにもミスが出やすくなる。日ハムはそれが走塁だった。

 だからこそ、異例ともいえる前半戦中に指揮官の続投発表とコーチ入れ替えを行ったようだ。
 とはいえ、まだシーズン残り試合は70試合以上。この時期からムチを入れて大丈夫か、心配になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る