折り返し前から“カンフル剤” 日ハム「新人事」は吉と出るか

公開日:  更新日:

 巻き返しの「二の矢」となるのか。

 29日に栗山監督の来季続投を発表した日本ハム。30日には大塚外野守備走塁コーチと紺田二軍同コーチが入れ替えと、立て続けにコーチの配置転換まで行った。

 理由は走塁面でのミスが目立ってきたからだという。大塚コーチは評論家時代と変わらず、ひょうきんな人物。選手を厳しく抑え付けるといったことがなく、練習中もジョークを飛ばすなど、若干チーム内の雰囲気が緩んでいたことは確かだ。紺田コーチは33歳と指導者としては若いが、二軍では守備走塁面で的確なアドバイスをすることも多い。本人も選手と年齢が近いがゆえに、なれ合いにならないよう距離を置いている節もある。一軍選手を引き締めるという点で、今回の抜擢となったようだ。

 栗山監督が契約最終年とあって、日ハムはチームの空中分解を恐れていた。選手も「次は誰か」となれば浮足立ちかねないし、スポーツ紙などで後任監督が取り沙汰されれば、なおさらだ。足元が定まらなければ野球に集中できず、プレーにもミスが出やすくなる。日ハムはそれが走塁だった。

 だからこそ、異例ともいえる前半戦中に指揮官の続投発表とコーチ入れ替えを行ったようだ。
 とはいえ、まだシーズン残り試合は70試合以上。この時期からムチを入れて大丈夫か、心配になるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る