転倒でも3位の川内 宣言通り「非ナショナル」をブッちぎり

公開日:  更新日:

 仁川アジア大会男子マラソンの出場が決定している男子マラソンの川内優輝(27)が、6日にオーストラリアで行われたゴールドコーストマラソンに出場。2時間11分27秒で日本人最高位の3位となった。

 20キロ地点で転倒し、川内自身も「一瞬、すべてが終わったと思った」と振り返ったほど。それでも「ネバーギブアップと自分に言い聞かせた」と、終盤で怒涛の追い上げを見せたのは、単なる意地だけではなさそうだ。

 日本を出発した去る3日、川内は、「非ナショナルには負けられない。非ナショナルにボコボコにされたら、何のためのナショナルチームだって話ですから!」と、語気も荒く語っていた。

 川内が挑戦状を叩き付けた「非ナショナル」とは、同大会で15位に終わった藤原新(32=)のことだろう。12年ロンドン五輪で代表入りした藤原に対し、川内は落選。直前の選考レースで14位と振るわなかったことが原因といわれていた。あれから2年、今度は川内が陸連のナショナルチームに選ばれると、ロンドン五輪以降はパッとしない藤原はメンバーから漏れた。

 ゴールドコーストマラソン2年連続優勝は逃したものの、ライバルにさらなる差をつけた川内。 吐いたツバはのみ込めないと言うが、それにしても執念深いというか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る