転倒でも3位の川内 宣言通り「非ナショナル」をブッちぎり

公開日:  更新日:

 仁川アジア大会男子マラソンの出場が決定している男子マラソンの川内優輝(27)が、6日にオーストラリアで行われたゴールドコーストマラソンに出場。2時間11分27秒で日本人最高位の3位となった。

 20キロ地点で転倒し、川内自身も「一瞬、すべてが終わったと思った」と振り返ったほど。それでも「ネバーギブアップと自分に言い聞かせた」と、終盤で怒涛の追い上げを見せたのは、単なる意地だけではなさそうだ。

 日本を出発した去る3日、川内は、「非ナショナルには負けられない。非ナショナルにボコボコにされたら、何のためのナショナルチームだって話ですから!」と、語気も荒く語っていた。

 川内が挑戦状を叩き付けた「非ナショナル」とは、同大会で15位に終わった藤原新(32=)のことだろう。12年ロンドン五輪で代表入りした藤原に対し、川内は落選。直前の選考レースで14位と振るわなかったことが原因といわれていた。あれから2年、今度は川内が陸連のナショナルチームに選ばれると、ロンドン五輪以降はパッとしない藤原はメンバーから漏れた。

 ゴールドコーストマラソン2年連続優勝は逃したものの、ライバルにさらなる差をつけた川内。 吐いたツバはのみ込めないと言うが、それにしても執念深いというか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る