転倒でも3位の川内 宣言通り「非ナショナル」をブッちぎり

公開日: 更新日:

 仁川アジア大会男子マラソンの出場が決定している男子マラソンの川内優輝(27)が、6日にオーストラリアで行われたゴールドコーストマラソンに出場。2時間11分27秒で日本人最高位の3位となった。

 20キロ地点で転倒し、川内自身も「一瞬、すべてが終わったと思った」と振り返ったほど。それでも「ネバーギブアップと自分に言い聞かせた」と、終盤で怒涛の追い上げを見せたのは、単なる意地だけではなさそうだ。

 日本を出発した去る3日、川内は、「非ナショナルには負けられない。非ナショナルにボコボコにされたら、何のためのナショナルチームだって話ですから!」と、語気も荒く語っていた。

 川内が挑戦状を叩き付けた「非ナショナル」とは、同大会で15位に終わった藤原新(32=)のことだろう。12年ロンドン五輪で代表入りした藤原に対し、川内は落選。直前の選考レースで14位と振るわなかったことが原因といわれていた。あれから2年、今度は川内が陸連のナショナルチームに選ばれると、ロンドン五輪以降はパッとしない藤原はメンバーから漏れた。

 ゴールドコーストマラソン2年連続優勝は逃したものの、ライバルにさらなる差をつけた川内。 吐いたツバはのみ込めないと言うが、それにしても執念深いというか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る