転倒でも3位の川内 宣言通り「非ナショナル」をブッちぎり

公開日: 更新日:

 仁川アジア大会男子マラソンの出場が決定している男子マラソンの川内優輝(27)が、6日にオーストラリアで行われたゴールドコーストマラソンに出場。2時間11分27秒で日本人最高位の3位となった。

 20キロ地点で転倒し、川内自身も「一瞬、すべてが終わったと思った」と振り返ったほど。それでも「ネバーギブアップと自分に言い聞かせた」と、終盤で怒涛の追い上げを見せたのは、単なる意地だけではなさそうだ。

 日本を出発した去る3日、川内は、「非ナショナルには負けられない。非ナショナルにボコボコにされたら、何のためのナショナルチームだって話ですから!」と、語気も荒く語っていた。

 川内が挑戦状を叩き付けた「非ナショナル」とは、同大会で15位に終わった藤原新(32=)のことだろう。12年ロンドン五輪で代表入りした藤原に対し、川内は落選。直前の選考レースで14位と振るわなかったことが原因といわれていた。あれから2年、今度は川内が陸連のナショナルチームに選ばれると、ロンドン五輪以降はパッとしない藤原はメンバーから漏れた。

 ゴールドコーストマラソン2年連続優勝は逃したものの、ライバルにさらなる差をつけた川内。 吐いたツバはのみ込めないと言うが、それにしても執念深いというか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る