マー君と“同じ轍”は…日本人投手に許されたぬるま湯ローテ

公開日:  更新日:

 日本人投手を擁する球団が起用法に神経を尖らせている。後半戦は先発投手の登板間隔に細心の注意を払うというのだ。

 メジャーリーグは18日(日本時間19日)にレギュラーシーズンが再開した。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)、マリナーズ・岩隈久志(33)の2人が、それぞれブルージェイズ、エンゼルス相手に登板。エース格の2人が仕切り直しとなる後半戦の開幕投手に指名されるのは当然とはいえ、理由はそれだけではない。
 実はレンジャーズ、マリナーズとも、後半戦初戦に先発した投手は日程の都合上、登板間隔に余裕ができる。ローテーション通りなら、ダルは中5日での登板が計5試合(7月に1試合、8、9月は2試合ずつ)。岩隈にしても、夏場の疲労がピークに達する8月の4試合を含めて、計6試合が中5日のマウンドになる。

■急きょローテ変更

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る