マー君と“同じ轍”は…日本人投手に許されたぬるま湯ローテ

公開日: 更新日:

 日本人投手を擁する球団が起用法に神経を尖らせている。後半戦は先発投手の登板間隔に細心の注意を払うというのだ。

 メジャーリーグは18日(日本時間19日)にレギュラーシーズンが再開した。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)、マリナーズ・岩隈久志(33)の2人が、それぞれブルージェイズ、エンゼルス相手に登板。エース格の2人が仕切り直しとなる後半戦の開幕投手に指名されるのは当然とはいえ、理由はそれだけではない。
 実はレンジャーズ、マリナーズとも、後半戦初戦に先発した投手は日程の都合上、登板間隔に余裕ができる。ローテーション通りなら、ダルは中5日での登板が計5試合(7月に1試合、8、9月は2試合ずつ)。岩隈にしても、夏場の疲労がピークに達する8月の4試合を含めて、計6試合が中5日のマウンドになる。

■急きょローテ変更

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  7. 7

    闇営業で吉本解雇 カラテカ入江が語った“男芸者”の極意

  8. 8

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  9. 9

    沖縄全戦没者追悼式で怒号 安倍首相の懲りないコピペ演説

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る