ダル 田中の故障でメジャーの「中4日」「米公認球」を批判

公開日:  更新日:

 レンジャーズのダルビッシュ有(27)が、メジャーリーグに物申した。

 14日(日本時間15日)、米ミネアポリスで行われた球宴の前日会見。報道陣の質問に答えるダルの声のトーンがひときわ上がったのは、田中将大(25)をはじめ日本人大リーガーに故障者が多いと聞かれた直後だった。

「みんなリスクはある。いかに(打者を)抑えるか、(自分の体を)ケアするスキルがあるか。トレーナーは背中や下半身というが、肩腕全体を鍛えないと。日本人でトミー・ジョン手術が3、4人、アメリカに来てやってる。(中4日の)登板間隔が一番大きい。中5日から靱帯はクリアになる。中6日なら140球でも150球でも球数は関係ない」

 要するに故障の最大の原因は、中4日のシステムにあるというのだ。

「以前と比べて禁止薬物が増えた。みんなが使っていたわけではないが風邪薬とかも。本来は登板間隔をあけた方がいい。楽になる。中4日なので炎症を取るためにいろいろとやってる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る