靱帯部分断裂で戦線離脱…マー君の右ひじを壊した「四重苦」

公開日:  更新日:

 ヤンキースは10日(日本時間11日)、右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入りした田中将大(25)が右ひじ内側側副靱帯の部分断裂と診断されたと発表した。リハビリプログラムをこなしながら6週間後の復帰を目指すが、症状に回復が見られない場合は、「トミー・ジョン手術」に踏み切る可能性もあるという。

 田中はここまで18試合に登板して12勝4敗、防御率2・51。順調なスタートを切った田中のひじがパンクしたのはなぜか。メジャーならではの環境がひじに負担をかけたのは間違いない。

 メジャー公認球は日本の統一球と比べて大きくて重い上に、材質の違いから滑りやすい。ただでさえ扱いづらいボールを正確にコントロールしなければならないのだから嫌でも右腕に負担がかかる。

 中4日の登板間隔も大きかった。日本は1週間に1回、つまり中6日で投げるのに、メジャーは中4日。100球が目安とはいえ、日本人大リーガーのほとんどが最初に戸惑うのは登板間隔が2日も短縮される点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る