「手術をさせてくれ」マー君の右ひじに医者が売り込み攻勢

公開日: 更新日:

 米ニューヨークで右肘靭帯部分断裂の治療を始めたヤンキースの田中将大(25)。

 PRP(プレートレット・リッチ・プラズマ)という治療法で、血液中の血小板を患部に注射して損傷部分の回復を促していくという。

 もっとも、このPRP、治療の効果はまだ、医学的に証明されていないらしい。それだけに6週間後に確実に治る保証はないわけで、「今後の選手生命を考えたら一日も早くトミー・ジョン手術を受けるのがベストだ」という声も根強いとか。「ヤンキースが田中の手術に積極的」とウワサされるのは、そういった声が球団に届いているからでもある。

「ヤンキース球団の周辺には、ぜひともオレに手術をさせて欲しいという医師が殺到していると聞きます」と、地元紙のヤンキース担当記者がこう言った。

「トミー・ジョン手術の権威だったフランク・ジョーブ博士が、今年3月に死去。米国内にジョーブ博士の後継者といわれる人は何人かいても、彼ほど突出した実績があるわけではありませんからね。メジャーでブレークした田中の手術を請け負って復活させれば、知名度も実績も一気にハネ上がる。なので腕に覚えのある整形外科医は、ぜひとも自分に田中の右肘を切らせてもらいたいと盛んにヤンキースの周辺に売り込んでいるといいます。アメリカ国内で有名な整形外科医はもちろん、日本の医者からも手術をしたいという申し出があると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る