「手術をさせてくれ」マー君の右ひじに医者が売り込み攻勢

公開日:  更新日:

 米ニューヨークで右肘靭帯部分断裂の治療を始めたヤンキースの田中将大(25)。

 PRP(プレートレット・リッチ・プラズマ)という治療法で、血液中の血小板を患部に注射して損傷部分の回復を促していくという。

 もっとも、このPRP、治療の効果はまだ、医学的に証明されていないらしい。それだけに6週間後に確実に治る保証はないわけで、「今後の選手生命を考えたら一日も早くトミー・ジョン手術を受けるのがベストだ」という声も根強いとか。「ヤンキースが田中の手術に積極的」とウワサされるのは、そういった声が球団に届いているからでもある。

「ヤンキース球団の周辺には、ぜひともオレに手術をさせて欲しいという医師が殺到していると聞きます」と、地元紙のヤンキース担当記者がこう言った。

「トミー・ジョン手術の権威だったフランク・ジョーブ博士が、今年3月に死去。米国内にジョーブ博士の後継者といわれる人は何人かいても、彼ほど突出した実績があるわけではありませんからね。メジャーでブレークした田中の手術を請け負って復活させれば、知名度も実績も一気にハネ上がる。なので腕に覚えのある整形外科医は、ぜひとも自分に田中の右肘を切らせてもらいたいと盛んにヤンキースの周辺に売り込んでいるといいます。アメリカ国内で有名な整形外科医はもちろん、日本の医者からも手術をしたいという申し出があると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る