マー君手術決断のリミットは8月上旬 ヤ軍首脳は楽観視

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が地道なリハビリに励んでいる。

 21日(日本時間22日)は、昼すぎにヤンキースタジアムに姿を見せると、痛めた右肘の治療を受けた後、下半身を強化するトレーニングを行った。

 マー君は現在、チームドクターの指示のもと、PRPといわれる再生治療を受けており、本拠地で試合が行われる時は、ほぼ毎日のように球場に姿を見せている。

 最短6週間での復帰を目指しているものの、PRP療法の効果が表れるのは治療を受けてから3~4週間後といわれる。ヤンキースでは8月上旬にも、肘にメスを入れるか、リハビリを続けるか判断し、今後の方針は予定よりも前倒しして決めるという。

 チームドクターの他に2人の肘の専門医から「手術は回避」とのお墨付きを得ているからだろう。チーム首脳陣は楽観的な見通しを示しており、ジラルディ監督は試合前の会見で「タナカは9月上旬に戻ってきてくれればいい」と期待を込めて話した。

 なお、チームはこの日から今季初対決となるレンジャーズとの4連戦が組まれている。試合前には兄貴分と慕うダルビッシュと再会した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る