マー君手術決断のリミットは8月上旬 ヤ軍首脳は楽観視

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が地道なリハビリに励んでいる。

 21日(日本時間22日)は、昼すぎにヤンキースタジアムに姿を見せると、痛めた右肘の治療を受けた後、下半身を強化するトレーニングを行った。

 マー君は現在、チームドクターの指示のもと、PRPといわれる再生治療を受けており、本拠地で試合が行われる時は、ほぼ毎日のように球場に姿を見せている。

 最短6週間での復帰を目指しているものの、PRP療法の効果が表れるのは治療を受けてから3~4週間後といわれる。ヤンキースでは8月上旬にも、肘にメスを入れるか、リハビリを続けるか判断し、今後の方針は予定よりも前倒しして決めるという。

 チームドクターの他に2人の肘の専門医から「手術は回避」とのお墨付きを得ているからだろう。チーム首脳陣は楽観的な見通しを示しており、ジラルディ監督は試合前の会見で「タナカは9月上旬に戻ってきてくれればいい」と期待を込めて話した。

 なお、チームはこの日から今季初対決となるレンジャーズとの4連戦が組まれている。試合前には兄貴分と慕うダルビッシュと再会した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る