マー君手術決断のリミットは8月上旬 ヤ軍首脳は楽観視

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が地道なリハビリに励んでいる。

 21日(日本時間22日)は、昼すぎにヤンキースタジアムに姿を見せると、痛めた右肘の治療を受けた後、下半身を強化するトレーニングを行った。

 マー君は現在、チームドクターの指示のもと、PRPといわれる再生治療を受けており、本拠地で試合が行われる時は、ほぼ毎日のように球場に姿を見せている。

 最短6週間での復帰を目指しているものの、PRP療法の効果が表れるのは治療を受けてから3~4週間後といわれる。ヤンキースでは8月上旬にも、肘にメスを入れるか、リハビリを続けるか判断し、今後の方針は予定よりも前倒しして決めるという。

 チームドクターの他に2人の肘の専門医から「手術は回避」とのお墨付きを得ているからだろう。チーム首脳陣は楽観的な見通しを示しており、ジラルディ監督は試合前の会見で「タナカは9月上旬に戻ってきてくれればいい」と期待を込めて話した。

 なお、チームはこの日から今季初対決となるレンジャーズとの4連戦が組まれている。試合前には兄貴分と慕うダルビッシュと再会した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る