マー君手術決断のリミットは8月上旬 ヤ軍首脳は楽観視

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が地道なリハビリに励んでいる。

 21日(日本時間22日)は、昼すぎにヤンキースタジアムに姿を見せると、痛めた右肘の治療を受けた後、下半身を強化するトレーニングを行った。

 マー君は現在、チームドクターの指示のもと、PRPといわれる再生治療を受けており、本拠地で試合が行われる時は、ほぼ毎日のように球場に姿を見せている。

 最短6週間での復帰を目指しているものの、PRP療法の効果が表れるのは治療を受けてから3~4週間後といわれる。ヤンキースでは8月上旬にも、肘にメスを入れるか、リハビリを続けるか判断し、今後の方針は予定よりも前倒しして決めるという。

 チームドクターの他に2人の肘の専門医から「手術は回避」とのお墨付きを得ているからだろう。チーム首脳陣は楽観的な見通しを示しており、ジラルディ監督は試合前の会見で「タナカは9月上旬に戻ってきてくれればいい」と期待を込めて話した。

 なお、チームはこの日から今季初対決となるレンジャーズとの4連戦が組まれている。試合前には兄貴分と慕うダルビッシュと再会した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る