“肘の権威”がマー君に進言「PRPより手術で完全復帰を」

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)の肘の回復具合に注目が集まっている。10日(日本時間11日)に「右肘内側側副靱帯の部分断裂」で故障者リスト(DL)入り。今後は「プレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)」療法といわれる再生治療を受けて患部の回復を目指す。復帰までに最短で6週間といわれるが、患部の状態次第ではトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受ける可能性もあるという。

 これまで100人以上のプロ野球選手の手術を担当し、日本のスポーツ医学界では「肘の権威」と位置づけられる慶友整形外科病院(群馬県館林市)の伊藤恵康院長(医学博士)にPRP療法、トミー・ジョン手術について聞いた。

――肘の靱帯を部分断裂した田中が6週間で復帰するのは可能ですか?

「私たちの病院での治療結果では、肘内側側副靱帯の部分損傷の場合は、手術しなくても、3~6カ月間、十分なリハビリを行えば復帰する選手は約80%です。でも、少年野球の頃に起こりやすい靱帯部の骨折片が癒合しないで残っていると復帰出来る可能性が低くなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る