“肘の権威”がマー君に進言「PRPより手術で完全復帰を」

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)の肘の回復具合に注目が集まっている。10日(日本時間11日)に「右肘内側側副靱帯の部分断裂」で故障者リスト(DL)入り。今後は「プレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)」療法といわれる再生治療を受けて患部の回復を目指す。復帰までに最短で6週間といわれるが、患部の状態次第ではトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受ける可能性もあるという。

 これまで100人以上のプロ野球選手の手術を担当し、日本のスポーツ医学界では「肘の権威」と位置づけられる慶友整形外科病院(群馬県館林市)の伊藤恵康院長(医学博士)にPRP療法、トミー・ジョン手術について聞いた。

――肘の靱帯を部分断裂した田中が6週間で復帰するのは可能ですか?

「私たちの病院での治療結果では、肘内側側副靱帯の部分損傷の場合は、手術しなくても、3~6カ月間、十分なリハビリを行えば復帰する選手は約80%です。でも、少年野球の頃に起こりやすい靱帯部の骨折片が癒合しないで残っていると復帰出来る可能性が低くなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  9. 8

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  10. 9

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る