松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

マー君が右肘故障…それでも玉砕覚悟でメジャーを目指すのか

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂。聞いただけでも力が抜ける。最低でも復帰まで6週間はかかり、状態が悪ければ手術も視野に。マー君の故障を暗澹たる思いで受け止めているファンは多い。週刊誌の中吊りに出そうな見出しが、やたらと頭に浮かぶ。

「マー君、おまえもか!」

「なぜ続く、日本人投手の故障?」

「自己責任?」

「投手は使い捨て?」

「逃れられぬ宿命へ投じたメジャーリーガーの夢」

 これが負けたサッカー日本代表なら、悪態をつく相手も決まる。采配のブレたザッケローニ、さんざん吹いた本田、なーんもできんかった香川、そもそも実力がなかったのに勝てると褒めちぎってそそのかしたマスコミ、全てを許したサッカー協会……。悪態をつく相手が多過ぎてストレスがたまる暇もないほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る