松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

マー君が右肘故障…それでも玉砕覚悟でメジャーを目指すのか

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂。聞いただけでも力が抜ける。最低でも復帰まで6週間はかかり、状態が悪ければ手術も視野に。マー君の故障を暗澹たる思いで受け止めているファンは多い。週刊誌の中吊りに出そうな見出しが、やたらと頭に浮かぶ。

「マー君、おまえもか!」

「なぜ続く、日本人投手の故障?」

「自己責任?」

「投手は使い捨て?」

「逃れられぬ宿命へ投じたメジャーリーガーの夢」

 これが負けたサッカー日本代表なら、悪態をつく相手も決まる。采配のブレたザッケローニ、さんざん吹いた本田、なーんもできんかった香川、そもそも実力がなかったのに勝てると褒めちぎってそそのかしたマスコミ、全てを許したサッカー協会……。悪態をつく相手が多過ぎてストレスがたまる暇もないほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る