松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

マー君が右肘故障…それでも玉砕覚悟でメジャーを目指すのか

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂。聞いただけでも力が抜ける。最低でも復帰まで6週間はかかり、状態が悪ければ手術も視野に。マー君の故障を暗澹たる思いで受け止めているファンは多い。週刊誌の中吊りに出そうな見出しが、やたらと頭に浮かぶ。

「マー君、おまえもか!」

「なぜ続く、日本人投手の故障?」

「自己責任?」

「投手は使い捨て?」

「逃れられぬ宿命へ投じたメジャーリーガーの夢」

 これが負けたサッカー日本代表なら、悪態をつく相手も決まる。采配のブレたザッケローニ、さんざん吹いた本田、なーんもできんかった香川、そもそも実力がなかったのに勝てると褒めちぎってそそのかしたマスコミ、全てを許したサッカー協会……。悪態をつく相手が多過ぎてストレスがたまる暇もないほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る