「これも長い野球人生の一部」 チーム離脱したマー君の達観

公開日:  更新日:

 6週間の離脱が決まった田中将大(25)は11日(日本時間12日)、チームを通じて談話を発表した。
「このような形でチームを離れることになり、チームメート、そしてファンの皆さまには大変申し訳なく思っております。球団からの発表の通り、これから数週間のリハビリに入りますが、これも長い野球人生の一部であると受け止めています。選手としてプレーを続けている以上、故障するリスクは常にあります。そういった状況に陥ったとき大切なのは、しっかりと自分の体と向き合い、一日でも早く復帰できるように努めることだと思います。皆さまに元気な姿を見せられるよう頑張ります」

 田中はこの日、チームドクターのクリストファー・アーマド氏の診察を受けるため滞在していたシアトルを離れ、地元ニューヨークに戻った。今後は14日にもニューヨーク市内の病院で細胞や組織の再生を促進する「プレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)」と言われる治療を受ける。これは自身の血液を採取して組織等の再生を促すため、密度を高くした血小板を患部に注射する治療法だ。複数の米メディアによれば、アダム・ウェインライト(カージナルス)、アービン・サンタナ(ブレーブス)らが同様の治療を受けて、手術を回避したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る