3年連続2ケタ勝利 10勝目ダル“急にお愛想”の裏事情

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が28日(日本時間29日)のヤンキース戦に先発。7回を2本塁打含む9安打2失点、8三振。今季10勝目(6敗)をマークした。
 この日のダルは前回(23日)の対戦でも一発を浴びたガードナーに三回と五回に2打席連続本塁打を許したが、打線の援護もあって、3年連続2ケタ勝利に到達した。

 そのダルが周囲に愛嬌を振りまいている。
 ここにきて、若手に積極的に話しかけたり、時にはアドバイスしたり、社交的な姿が目立っているのだ。
 どちらかといえば無愛想だった報道陣に対しても、地元テレビ局のインタビューに英語で応じるなど、サービス精神を発揮。エースの変節ぶりに周囲は「一体、何があったんだ?」と首をかしげている。

■チームは絶不調

 これまでとっつきにくかったダルが急変したのは、本気でタイトルを狙っている証しでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る