産休中に戦力外通告 “ダルの女房”にとんだ「出産祝い」

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)の女房役がクビになった。

 ダルとバッテリーを組むことが多かったクリス・ジメネス捕手(31)が7日(日本時間8日)、戦力外となり、メジャー契約の40人枠から外れた。4日に「父親リスト」と呼ばれる産休制度でチームを離れている間に非情の通告を受けたのだ。

 ジメネスは故障で離脱した正捕手ソトの代役として5月下旬に初めてマスクをかぶって以来、ダルの専属捕手を務めてきた。これまで4球団を渡り歩いてきた苦労人で、今季開幕後にレンジャーズとマイナー契約。ようやくメジャーに定着したばかりだった。今季は33試合に出場して打率2割6分2厘、11打点。

 レンジャーズはア・リーグ西地区最下位に沈み、ポストシーズン進出は絶望的な状況だ。ソトを復帰させるための措置とはいえ、父親になったばかりの選手を放り出すとはヒドイ話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る