故障者続出、予備軍もズラリ…巨人「首位陥落」の現実味

公開日: 更新日:

 首位巨人にケガ人が出始めた。4日にエースの菅野が右手中指の故障で登録を抹消されると、6日に4番経験者のアンダーソンが左ヒジ痛、8日に3番の亀井が左ももの肉離れ、藤村も右脇腹の肉離れで、主に主力級が相次いで抹消されたのだ。

「現有戦力」も決して万全ではない。長野は前日の試合で腰痛を訴え、序盤に早々と交代。腰痛持ちの坂本も、6月には鼻骨を骨折しながらプレーを続けたものの、右足首痛で先発を外れた試合もある。チーム打率・260、総得点389はリーグ最下位。異例の貧打に悩まされる中、4番を任される阿部もギリギリの状況。かつて痛めた首や左ふくらはぎに、いまだ鈍痛が残っていて治療を欠かせないという。最近4試合は捕手ではなく、一塁で出場。

「打撃に専念するため」とみられているが、「大きな故障での離脱にならないように体調面への配慮」とは某コーチ。主力はどこかしらに不安を抱えながらの出場が続いている。

■杉内にはさらなる負荷がかかる

 先発投手陣も万全ではない。今季は主に中5日でフル回転してきた。杉内と大竹は肩に故障歴がある。他球団が注視しているのがその杉内だという。現在7勝4敗。最近は抜群の安定感を誇っていたが、6日に六回途中12安打5失点でKOされたDeNA戦を視察したセ・リーグの某スコアラーは「今年は完全復活したとみていたのに、この前の試合はスライダーの曲がりが早く、鋭さもなかった。引っ掛ける球があったのが気になった。肩が痛いのか? という投げ方に見えた」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景