「重症じゃないと思ってた」 OBも安堵したマー君の回復力

公開日: 更新日:

「重症じゃないとは思ってたんですよ」

 右肘靱帯部分断裂で戦列を離れているヤンキースの田中将大(25)が4日(日本時間5日)、キャッチボールを再開したと伝えられ、プロ野球OBがこう言った。

「僕は肘の腱と骨をつなぐ部分がはがれ、靱帯は摩耗というか、医者に聞いたらほとんどなくなっていたそうです。靱帯を激しく損傷した投手はまず、日常生活に支障をきたす。髪の毛は洗えないし、便所で尻を拭くのもつらい。麻雀のモーパイもできませんでした。痛くて痛くて指を動かせなかったんです。ですから田中が日常生活に支障はないと話したのを聞き、大したことはないと安心していたのです」

 ちなみにこのOB、手術をせずに、患部の周囲の筋肉を鍛えることで復活したという。

 田中は5日(同6日)、キャッチボールを2日連続で行った。ジラルディ監督によれば、約20メートルの距離で強めに50球投げたという。7日には距離を延ばして行う予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る