チームはプレーオフ微妙も…マー君が復帰へ急加速の理由

公開日: 更新日:

 田中将大(25=ヤンキース)の右肘靱帯部分断裂、「手術が必要」と騒いだ米メディアの想像以上に「軽傷」だったのは間違いない。ジラルディ監督は3日(日本時間4日)、遠征先のボストンで「ドクターによれば(田中の肘は)良い状態ということだ」と話し、4日にもキャッチボールの再開を示唆した。

「7月14日からPRP治療(血小板注射)を開始し、患部は順調に回復している。経過は良好という担当医のお墨付きもあるようです。キャッチボール、投球練習をした後、マイナーで2試合、調整登板の予定が組まれていると聞きました」とはヤンキース担当記者。

 田中が故障者リストに入ったのが7月9日。キャッシュマンGMは復帰まで「最短で6週間」と話していたから、ほぼ青写真通りということになる。

「MRI検査で傷が確認されたから離脱したものの、チームドクターを含めた3人の医師が『手術の必要はない』と判断したほど。できれば早めの手術で完治させたかったヤンキースが保存療法を選択したのだから、断裂はごく一部分だったということですよ。そもそもプロの投手で靱帯が無傷の選手を探す方が難しいくらい。本人もすでに月末に復帰するつもりでいます」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界