最多勝、サイ・ヤング賞とも射程内 マー君は故障が“追い風”

公開日: 更新日:

 右肘靭帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が順調に回復している。

 4日(日本時間5日)に約1カ月ぶりのキャッチボールを再開。練習後、患部に違和感が出なかったため、翌5日にもグラウンドで汗を流し、約25メートルの距離で前日よりも強めに50球を投げた。7日に再びキャッチボール。その後、最長120フィート(約37メートル)まで距離を延ばし、ブルペンで投球練習。マイナーの調整登板を経て、メジャー昇格する予定だ。

 田中は「中途半端に戻って、またその試合で迷惑を掛けて、さらに離脱という形が悪い。しっかり治して上がれるようにしたいと思います」と万全の状態で復帰するプランを明かしている。

 田中がDL入りしたのは7月9日。ここまでPRP療法(血小板注射)を受けて、部分断裂した靱帯を治療してきた。並行して下半身強化にも取り組み、ここにきて肘や肩周辺の筋力を鍛えるトレーニングも始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る