日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乱戦締めくくるも…巨人の切り札・山口が本調子ではない原因

 巨人の中継ぎエースが乱戦の最後を締めた。昨19日、ヤクルト戦の延長十一回、山口鉄也(30)が5番手として登板、1安打されたものの、何とかしのいだ。2日前の広島戦で山口は、死球を挟んで5連打を食らい3失点。絶対的セットアッパーがめった打ちにされるまさかの逆転負けでチーム全体にショックが広がっていただけに、山口本人もホッとしたことだろう。

 現在4勝3敗2S、防御率3.24。この数字は、山口らしくない成績だ。今春のキャンプで左肩を痛めて離脱。6年連続60試合登板の鉄腕にとって、初めての肩の故障だった。火だるまになった広島戦の今季防御率は11.81、マツダスタジアムでは何と27.00。川口投手総合コーチは、「言わないけど、技術的なことじゃない」としていた。本調子ではない原因は肩痛の影響ではなく、実は投球フォームにあるという声も出ているから厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事