乱戦締めくくるも…巨人の切り札・山口が本調子ではない原因

公開日:  更新日:

 巨人の中継ぎエースが乱戦の最後を締めた。昨19日、ヤクルト戦の延長十一回、山口鉄也(30)が5番手として登板、1安打されたものの、何とかしのいだ。2日前の広島戦で山口は、死球を挟んで5連打を食らい3失点。絶対的セットアッパーがめった打ちにされるまさかの逆転負けでチーム全体にショックが広がっていただけに、山口本人もホッとしたことだろう。

 現在4勝3敗2S、防御率3.24。この数字は、山口らしくない成績だ。今春のキャンプで左肩を痛めて離脱。6年連続60試合登板の鉄腕にとって、初めての肩の故障だった。火だるまになった広島戦の今季防御率は11.81、マツダスタジアムでは何と27.00。川口投手総合コーチは、「言わないけど、技術的なことじゃない」としていた。本調子ではない原因は肩痛の影響ではなく、実は投球フォームにあるという声も出ているから厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る