山口頼み打開 巨人・原監督が温める「新守護神構想」の勝算

公開日: 更新日:

 巨人のセットアッパー山口鉄也(30)が3日、監督推薦で4度目の球宴出場を決めた。「オールスターならではの緊張感を味わいながら楽しみたい」とコメント。全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(55)が選出した。

 6年連続60試合登板。その鉄腕が最近ちょっとおかしい。交流戦は17試合連続無失点と安定していたが、2日の広島戦で決勝の中犠飛を打たれ、1日の試合でもいったんは勝ち越される安打を浴びた。2試合連続の救援失敗で今季は3勝2敗、防御率3・38。昨季は走者がいる場面で一度もかえさなかったから、異例の事態といえる。「ぐっさん(山口)、大丈夫なの? やっぱり肩が痛いんじゃないか」とキャンプで左肩を痛めた影響を心配する声がチーム内で上がる中での指揮官の指名だった。

 優勝した交流戦での巨人は1点差試合で7勝1敗。救援陣の踏ん張りが大きかったが、山口の牙城が崩れれば、巨人は一転、ピンチに陥る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る