山口頼み打開 巨人・原監督が温める「新守護神構想」の勝算

公開日:  更新日:

 巨人のセットアッパー山口鉄也(30)が3日、監督推薦で4度目の球宴出場を決めた。「オールスターならではの緊張感を味わいながら楽しみたい」とコメント。全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(55)が選出した。

 6年連続60試合登板。その鉄腕が最近ちょっとおかしい。交流戦は17試合連続無失点と安定していたが、2日の広島戦で決勝の中犠飛を打たれ、1日の試合でもいったんは勝ち越される安打を浴びた。2試合連続の救援失敗で今季は3勝2敗、防御率3・38。昨季は走者がいる場面で一度もかえさなかったから、異例の事態といえる。「ぐっさん(山口)、大丈夫なの? やっぱり肩が痛いんじゃないか」とキャンプで左肩を痛めた影響を心配する声がチーム内で上がる中での指揮官の指名だった。

 優勝した交流戦での巨人は1点差試合で7勝1敗。救援陣の踏ん張りが大きかったが、山口の牙城が崩れれば、巨人は一転、ピンチに陥る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る