山口頼み打開 巨人・原監督が温める「新守護神構想」の勝算

公開日: 更新日:

 巨人のセットアッパー山口鉄也(30)が3日、監督推薦で4度目の球宴出場を決めた。「オールスターならではの緊張感を味わいながら楽しみたい」とコメント。全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(55)が選出した。

 6年連続60試合登板。その鉄腕が最近ちょっとおかしい。交流戦は17試合連続無失点と安定していたが、2日の広島戦で決勝の中犠飛を打たれ、1日の試合でもいったんは勝ち越される安打を浴びた。2試合連続の救援失敗で今季は3勝2敗、防御率3・38。昨季は走者がいる場面で一度もかえさなかったから、異例の事態といえる。「ぐっさん(山口)、大丈夫なの? やっぱり肩が痛いんじゃないか」とキャンプで左肩を痛めた影響を心配する声がチーム内で上がる中での指揮官の指名だった。

 優勝した交流戦での巨人は1点差試合で7勝1敗。救援陣の踏ん張りが大きかったが、山口の牙城が崩れれば、巨人は一転、ピンチに陥る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る