ブルペン入りマー君 フォーム改造の裏に松井流「プラス思考」

公開日: 更新日:

 右肘靭帯部分断裂からの戦列復帰を目指す田中将大(25)。ヤンキースでは田中の先輩にあたる松井秀喜はかつて、左手首を骨折した際、打撃フォームに手を入れた。

 ただ、骨がくっつくのを待っているだけでは復帰しても現状維持。だったら復帰するまでの数カ月間を有効に使い、レベルアップして戦列に戻れないか。そう考えて打撃フォームを見直したのだ。

 メジャー特有のツーシームをとらえる確率を上げるためには、より下半身を安定させる必要がある。そうやって生まれたのが、ガニ股気味に構える打撃フォームだった。その結果、復帰戦は4安打。3年後の09年に獲得したワールドシリーズMVPは、左手首骨折を糧にした結果でもあった。

 その松井を尊敬する田中が去る16日(日本時間17日)、故障後、初めてブルペンで投球練習をした。以前と比べ、投球時のテークバックが小さくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る