• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の背中が見えた途端…再発した広島・野村監督の“持病”

「野村監督の一番の気がかりは、疲れの見え始めているリリーフ陣でしょう。ただ、周囲が最も不安に感じているのは、その指揮官の采配です」

 こう言うのは、広島の某OB。最近も取材に訪れたが、「野村監督がやたらとナーバスになっているのが気になった。今月に入って本塁打と打点の2冠のエルドレッドを二軍に落とし、23日の阪神戦では無失点の先発・大瀬良を4回で降板させた。確かにエルドレッドは8月の成績が42打数2安打、23三振と絶不調。大瀬良も3四球と内容は良くなかったとはいえ、いずれも監督の独断だったようだ。巨人の背中が見えたことで、余裕がなくなってきたように感じる」というのである。

 もともと、重圧やストレスに強いタイプではない。今年が就任5年目。昨年は心身ともに調子を崩し、定期的に病院に通って、薬を服用しながら采配を振った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る