日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の背中が見えた途端…再発した広島・野村監督の“持病”

「野村監督の一番の気がかりは、疲れの見え始めているリリーフ陣でしょう。ただ、周囲が最も不安に感じているのは、その指揮官の采配です」

 こう言うのは、広島の某OB。最近も取材に訪れたが、「野村監督がやたらとナーバスになっているのが気になった。今月に入って本塁打と打点の2冠のエルドレッドを二軍に落とし、23日の阪神戦では無失点の先発・大瀬良を4回で降板させた。確かにエルドレッドは8月の成績が42打数2安打、23三振と絶不調。大瀬良も3四球と内容は良くなかったとはいえ、いずれも監督の独断だったようだ。巨人の背中が見えたことで、余裕がなくなってきたように感じる」というのである。

 もともと、重圧やストレスに強いタイプではない。今年が就任5年目。昨年は心身ともに調子を崩し、定期的に病院に通って、薬を服用しながら采配を振った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事