巨人の背中が見えた途端…再発した広島・野村監督の“持病”

公開日: 更新日:

「野村監督の一番の気がかりは、疲れの見え始めているリリーフ陣でしょう。ただ、周囲が最も不安に感じているのは、その指揮官の采配です」

 こう言うのは、広島の某OB。最近も取材に訪れたが、「野村監督がやたらとナーバスになっているのが気になった。今月に入って本塁打と打点の2冠のエルドレッドを二軍に落とし、23日の阪神戦では無失点の先発・大瀬良を4回で降板させた。確かにエルドレッドは8月の成績が42打数2安打、23三振と絶不調。大瀬良も3四球と内容は良くなかったとはいえ、いずれも監督の独断だったようだ。巨人の背中が見えたことで、余裕がなくなってきたように感じる」というのである。

 もともと、重圧やストレスに強いタイプではない。今年が就任5年目。昨年は心身ともに調子を崩し、定期的に病院に通って、薬を服用しながら采配を振った。

 昨季クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで巨人に敗れた翌日、松田オーナーに辞任を申し入れた際も、「しんどい」と弱音を吐いた。

「オーナーから『頭が固い』と怒られて辞意を撤回したものの、本人は今年が本当に最後というつもりでいるようだ。仮に23年ぶりのリーグ優勝を手にしても、それを花道に身を引く可能性が高いとみられている。勝っても負けても今年で最後、やりたいようにやる、という開き直りが、最近はまた、コーチの意見に耳を貸さない、なんでもひとりで決めてしまう、という独善になって表れている、とチーム関係者は不安を口にしている」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟